第19期 銀河戦
本戦Fブロック 2回戦
村田智弘六段 vs 菅井竜也四段
対局日: 2010年9月15日
解説:豊島将之五段
聞き手:上田初美女流二段
記録:井道千尋女流初段

22年度の成績は、菅井12勝4敗 村田智弘(ともひろ)7勝3敗 2人は初手合い

大型新人の名が高い、18才の菅井の登場 前局では清水に完勝している
村田智は予選で南に勝ち本戦進出 2人とも関西所属

解説の豊島「菅井は振り飛車党で元気な攻め将棋
 村田智は昔ながらの関西の力強い棋風を受け継いでいる居飛車党
 2人とは、よく練習将棋をやってます」

先手菅井で、菅井の石田流から角交換の手将棋になった
序盤、菅井が8筋に振りなおし、▲8六飛と浮いたところでは、
豊島「菅井がうまくやったように思う」と言っていたが、
村田智も力強い駒組みで対抗、豊島に「なるほど」言わせる互角の好勝負になった

中盤は互いに角と銀を持ち合い、ちょっとしたミスも許されない展開
読みよりも、手の見え方と発想力が必要な将棋だ

そして、この将棋の見せ場は、終盤に訪れた
まだ寄せるまでは一山も二山もあるかと思われていたのだが、
菅井、後手の玉頭に銀を打ち、村田智に銀を合わさせて玉をつりあげ、なんと自陣の5八の金を活用、
そして竜をズバッと切り、一気に寄り形に持っていった!!

これには豊島もびっくり、「いや~ これはすごい・・・」
聞き手の上田「電光石火の寄せですね カッコイイ 感動しました 
 まさか5八の金が寄せに利いてくるとは」
豊島「玉をつりあげたところからの構想でしょうね」
菅井、これはホントにすごかった 後手玉は2二の地点にいたのだ
それを、自陣の5八の金を使って寄せる、なんていう構想、普通、考えられるか? 常人には無理だ

豊島「最後はすごい切れ味でしたね」 
うーん、こんなのは何十局に1回あるかどうかの見事な寄せだ
読みよりも、発想力がないとできない寄せ、菅井、才能をまざまざと見せ付けた一局だった
菅井、間違いなく、将来のタイトルホルダー候補だね

このFブロック、この先しばらく、あんまり目立った人もいないので、
菅井が7~8連勝くらいしてもおかしくない、そう思わせる一局だった