丸山忠久九段vs豊川孝弘七段   NHK杯 2回戦
解説 高橋道雄

矢内、髪を下ろしてスッキリしたね~ 薄いブラウンのジャケット、いつもどおりノーマルな服装だ
学校の先生みたい(^^;
豊川は薄い色眼鏡をかけての登場
丸山はいつもどおりの茶髪

高橋「丸山は激辛流と呼ばれ、勝負に徹底している
 豊川は居飛車党で、性格が明るい しかし陰で非常に勉強しているはず
 この2人はかなり指していて、手の内は知り尽くしている同士」

事前のインタビュー
丸山「豊川は勢いのある将棋 子供の頃からよく教わっていて兄弟子みたいな人 
 緊迫した将棋になるだろう」

豊川「丸山は鬼のように強い、顔を見ないようにしたいと思う
 盤の前に座って、ビビッとひらめいた戦法を指したい
 渾身の、生涯の名局になるようにしたい なんちゃって」

雑談で、矢内「丸山のプライベートは謎ですね」
高橋「将棋界の中で、唯一丸山の全てを知っている人が豊川」

さらに、高橋「丸山の将棋を見ていれば、これから流行しそうな戦型がわかる」
へー、そうなのか

先手丸山で、豊川、△3三角から角交換の出だし、そして四間に振ったか
もう、事前に相当作戦を練ってきたのが見え見え(笑)
高橋「豊川は丸山に対して、何をやれば勝てる確率が一番高いかを考えてきた、その戦法がこれ」

立石流に組んだ豊川、丸山は玉頭位取りだが、これは後手作戦勝ちか?
後手なのに、仕掛ける権利を持っているぞ

豊川、小考後、ビシッと△4六歩から仕掛けていった!
これがうまい手だったようで、豊川の飛車と打った角が、伸び伸びしてきた
高橋「豊川の方を持ちたい」
おおー、いいぞいいぞ 豊川、がんばれ! 
豊川の気合いの入った手つきと顔つきで、自分はいつのまにか豊川の応援だ(^^;
豊川を見ていると、TVを見ている自分にも、自然と力が入る

丸山の玉頭攻めに対して、△8三歩、△7三歩と合わせてキズを消しにいった豊川、
高橋「今日の豊川は、こんなに渋かったっけっていうくらい渋く指している」
丸山に勝つ大変さを、よく知っている指し回しだね

しかし、渋く玉頭を守りにいった手が、実はおかしかったようで、
高橋「いつのまにやら丸山ペース 豊川の飛車角が自陣に戻っちゃった」
ええー なんでこうなっちゃったんだ 先手だけ角を持っていて、駒の配置もいい
後手は金銀がバラバラ・・・
高橋「先手は角を持って、ゆうゆうといい所に打てばいい 後手の角は打ってしまって攻められてる」

なんでだあー、結局、こうなって勝てないのか、ああーと思っていると、
なんか丸山のほうにも疑問手が!?
高橋「端を破らせたのはどうだったのか・・・ ▲3五桂もどうだったか」
おお、これは大チャンス到来だ! 豊川、飛車をぶっつけ、交換にもっていった
この飛車交換は好感触(シャレ) 望外の展開だ、丸山に勝てるかもしれないぞ!

チャンス到来の豊川、秒を読まれ、
「いや~××××(聞き取れず)」と言いながらギリギリで指した手は△9九飛!
感想戦で、開口一番、豊川「飛車打ちはなかったっすね」と言っていたのはこの飛車のことだろう
守りを重視した手だったが、これが敗着になったようだ

その後は、丸山に実にうまく攻められて、一方的になってしまった
最後の終盤の丸山の一連の寄せは見事だった 豊川に何もさせなかった・・・
143手で丸山の勝ち
 
ああー、豊川、がんばりが伝わってきたけど、やはり及ばなかったか ガクッ
豊川、中盤の模様が良くなったときと、終盤、逆転できるかもしれなかったとき、
チャンスが2回あっただけに、生かせなかったのは悔しい負け方だろう

高橋「豊川にもチャンスがあったと思う 駒を引き始めてから丸山ペースになってしまって、
 いつの間にか差がついた」
矢内「2人の持ち味が出た大熱戦でしたね」
うん、お互いの力が良く出ていた、だからこそ、力の差がかいまみれた一局だった

豊川、残念無念! それにしても、対局中の丸山は、豊川と好対照で、表情を全く表に出さず、
悟りを開いた禅僧のようだ どうやったらこんなふうになれるのだろうか
ちなみに、自分は24で指していると、独り言をかなり言っているようで、
いつも母に「うるさい」と言われます(^^;