第19期 銀河戦
本戦Aブロック 3回戦
小倉久史七段 vs 有森浩三七段
対局日:2010年10月27日
解説:飯野健二七段
聞き手:藤田 綾女流初段
記録:野田澤彩乃女流1級

土曜に放送された銀河戦
小倉は予選で田村に勝ち 有森は予選で豊島に勝っていて、本戦でも2連勝中

22年度の対戦成績は、小倉9勝10敗 有森5勝7敗 2人の対戦成績は有森の1-0

解説の飯野「小倉は昔ながらの振り飛車党 下町流三間飛車の著者
 有森はオールラウンダー、才能派、若いときから有望視されていた」

有森はいつものようにマスクをして、酸素ボンベ(だと思う)を横に置いている

先手小倉で、相振り飛車になった ▲向かいvs△三間で、お互い美濃囲い

で、この一局、居飛車党の自分にとっては感覚がわからず、難しかった・・・
やはり自分には相振り飛車は向いていない、と思った

内容は、熱戦となり、小倉がうまくまとめて勝っていた 以上

ここのところ将棋に接する機会が多く、自分が将棋に対して疲れていることが判明 
体力的にもけっこうね・・・
あさっての竜王戦の関西会館でのタニーの解説会に、また行く予定なんで、今回はこれで終わり(^^;