休憩時間が終わり、解説会が再開された

タニー「みなさん、すいません 終局の手数当てクイズに影響を及ぼす、解説間違いをしてました
▲2四飛、と角を取ったときに、△同銀ではなく、△3五飛、とする手がある、と奨励会員が言ってました
先ほど、私の解説を信用して短い手数を書いた方には、申し訳なかったです(^^;」
お客「(笑)」
おお、そんな絶妙の返し技があったのか
タニー「いかにも羽生玉は寄りそうだったんですけど、バランスが取れていたんですねえ」

渡辺が、▲3四金、▲3六銀と投入して、手厚く指している
タニー「本当に申し訳ないんですが、全然終わらない将棋になってきました(^^;
▲3六銀の局面、わずかに渡辺に分があると見ているんですけど・・・」

タニー「先手は竜が2枚、対して後手は角が2枚 このままだと竜と角の差が出るので、△5六歩と動いていきましたね 対して渡辺は手堅く▲4六桂ですか △2六金が気になりますけどね」
お客「今、何手目ですか」
タニー「その話題には触れたくないんですが(^^; 118手目です」

タニー「▲6二竜と入りましたか これは成立していそうですね これは先手が得しましたね
気がつきにくい手でしたね しかし、▲9一竜と香を取らずに▲7一竜左ですか・・・ 
ここで▲5四桂と跳べないようでは先手、自信がなくなってきました」
お客「谷川さんの言うことには間違いない」
タニー「最近、あんまり自信がないです(^^;」

タニー「渡辺は▲3七歩、ますます長引いてきましたね ▲7七桂ですか はいはい
ケータイでお調べの方、間違えていたら、即、指摘してくださいね」

タニー「プロでも、見たことがない形っていうのは、考えるのがイヤなんですよ
後手の陣形は桂馬で囲っていて、見たことがないかっこうです」

タニー「▲7一竜右~▲2四香~▲6一金の攻め筋がありますね」
本譜、この攻め筋が、実現することになる
後から振り返ってみると、▲9一竜と2手かけて香を取った、
このトリッキーな順が、渡辺の勝因ではないだろうか?
まあ、難しすぎてよくわかんないんだけどね

タニー「△5五桂の王手で、どこへ玉を逃げるか・・・ 
▲5六玉と上がると、△5四桂という手が詰めろですね 桂馬がいっぱいで見にくいですけどね
△2四角右とする可能性もあるので、複雑な終盤ですね~」

タニー「横歩取りの将棋は100手を超えたら、熱戦なんですけどね もう140手越えてますね」
どっちが勝ちなのか、タニーにもまだわからないようだ

渡辺の▲5二金の王手に、△3三玉と逃げる手を検討していたときだった
タニー「あ、終局してますね ▲5二金△同銀▲5一角まで155手で渡辺の勝ちです」

タニー「最後、△3三玉と逃げてみたかったですね このほうが多分、難しくて、先手玉に詰めろがかかっているので、渡辺さんにもプレッシャーがあったと思うんですけどね すぐにはわからないですね ▲5一角をうっかりした可能性もありますね
(総まとめとして)渡辺が難しい将棋を勝ちきった、羽生もよく踏み込んだ」

うーん、熱戦だったね 羽生は駒の効率が悪かったか 渡辺は、竜2枚を、うまく活用したね
羽生には、最後に△3三玉と逃げて、詰むや詰まざるやの見せ場を作ってほしかった
▲9一竜、と1手で取れるところを、2手かけて取ったのが勝因とすれば、
ものすごいレベルが高い将棋だったことになるね

さて、終局の手数当てクイズだ 155手から近い人10人に賞品が当たりました
私は、160手にしていたので、3位になりました! ははは
書き間違いから、160手と書いたのですが、ラッキーな結果になりました

タニー「こんな長手数となる、と予想された方は、私より強いです」

で、賞品(私はタニーのサイン入り詰将棋本をもらった)をもらうときに、なんとタニーに握手をしてもらえる、というおまけつき!
タニーのほうから右手を差し出してくれて、しっかり握ってくれました!
握手をしてみたところ、タニーは手が大きくて、握力もけっこうしっかりある、という印象でした
少なくとも、私よりは握力があると感じました

実は、私は10年ほど前、羽生さんに握手してもらったこともあるんです
そのときの印象は、羽生さんは手が細くて、握力もあまりない、という印象だったんです
でも、タニーは握力がありましたね 握手すれば、なんとなく握力がわかるんですよね
これで、羽生、タニー、両方と握手したことになりますね
タニーに握手してもらって、感激でした

将棋も熱戦だったし、何よりタニーに握手してもらえて、いい思い出になりました(^^) (終わり)