ネット中継のページ、充実してますね
正直、タニーの解説会よりも、かなり詳しいですね(^^;
ネット中継での多人数での検討と比較すると、どうしても、タニーひとりの検討では、分が悪いですね

ネット中継のページでは、99手目あたりの攻防は、羽生の直接の感想も書かれてますもんね 
以下、一部抜粋します ↓
※▲2四飛だった。△3五飛なら▲3六銀!△同飛▲2七角で先手勝ち筋。飛銀両取りになっている。▲3六銀は羽生の指摘。

こんなの、浮かびませんよね うう、さすが羽生・・・

最後の投了直前、△3三玉と逃げたらどうだったか、というのも、渡辺、羽生、
両者ともキッチリ読み切りだったんですね
(タニーの解説でも、△3三玉なら、先手はこんな感じの手かな~、という雰囲気で、
 桂を打って後手玉を寄せていましたが、ややあいまいでした)

でも、ナマでプロ棋士が見れる、というのが解説会の醍醐味なんで、また別の楽しさがあるんですけどね
次の第6局の解説会は、15日、有吉九段です 正直、有吉御大には荷が重いと思いますけど・・・(^^;
でも、今のところ、その日も解説会に行く予定です
何しろ、もうすぐ愛知に引っ越す自分にとっては、最後の解説会になるかもしれませんのでね