第19期 銀河戦
本戦Eブロック 3回戦
小林 宏七段 vs 阿部健治郎四段
対局日: 2010年10月29日
解説:西尾 明五段
聞き手:貞升 南女流1級
記録:伊藤明日香女流初段

22年度の成績は、小林宏8勝6敗 アベケン22勝5敗 2人の対戦成績はアベケンの1-0
小林宏は予選で佐藤秀司に勝ち本戦進出 アベケンは本戦2連勝中

解説の西尾「小林宏は、僕にとっては奨励会の厳しい幹事(笑)
 将棋は一本気な激しい攻め将棋
 アベケンは新人王を取り、今一番、ノリにノッている若手 将棋は本格派」

先手小林宏で、なんと▲三間飛車vs△居飛車穴熊の戦型になった
小林宏は、角道を止めて、美濃囲い、という、一昔前の形だ
これには西尾はびっくり、「すごく意外な展開になりました(^^;
 先手は玉も▲2八玉と入ったので、昔の将棋の形 
 三間飛車は、小林宏の師匠の真部が得意としていた」

お互いにじっくり囲いあった
西尾が、先手側を銀冠に組み替える順を解説、
「ここは▲2七銀、▲3八金の2手をいっぺんに指せればいいんですけど、
 ▲2七銀のときが危ないから、▲2七銀は指せないでしょうね」
と言っていたら、小林宏は、ゆうゆう▲2七銀と上がった!
ええ~、これ、いいの? 後手にとっては、もう、級位者向けの教科書に書いてあるような、
絶好の仕掛けのチャンス! で、アベケン、もちろん仕掛けた

後は、もう穴熊ペースの展開だった 一時、アベケンの攻めが切れそうか? 
と思われるシーンもあったが、なんだかんだで攻めの手が続いた 
穴熊は、底歩が効いていて、メチャクチャ固い 
西尾「穴熊の典型的な勝ちパターン 自陣は安全で、ぐいぐい押していく」

結果、110手でアベケンの勝ち
西尾「穴熊の威力が十二分に発揮された 一方的に攻め続け、穴熊の圧勝と言ってもいいんじゃないか」

おーい、小林宏の無策三間って、何だったの・・・
普段から指しなれている戦法ならともかく、不慣れな三間飛車にして、セオリーどおり穴熊にされて
ボロ負け・・・ これって何なんでしょうかorz

感想戦で、小林宏「(中盤のあたりは)何とかなると思った」
何ともならないので、ノーマル三間は激減しているんですけどね

小林宏「(終盤は)勝ちづらいね こっちがね」
どう見てもそうでしょうね 

小林宏の居飛穴に対する認識が、30年ぐらい前でストップしている、と思えた将棋だった(^^;