渡辺 明竜王vs島 朗九段 NHK杯 3回戦
解説 屋敷伸之

矢内、また髪型を変えてるねえ 毎回凝っているね
さて、竜王戦7連覇を達成した渡辺の登場だ 前局の広瀬戦は、相穴の熱戦だった
対するは島 前局のデカコバ戦は、島の会心の名局だった

解説の屋敷「渡辺は居飛車の本格派 矢倉が得意、序盤から終盤までスキがない
 じっくりした棋風、受けが強い
 島は作戦を凝るタイプ 矢倉系か、角換わりを指す 金銀を使ったパワフルな攻めと受け」

事前のインタビュー
渡辺「2回戦の広瀬戦は、非常に手数が長くて難しい将棋だった、勝てたのは良かった
 今日は相居飛車の矢倉になりそうなので、その辺を見てくれれば」

島「渡辺はスキがない、早指しも強い、年々貫禄もついている
 積極的に、玉砕するつもりでがんばります」

先手渡辺で、矢倉の出だし 島は急戦を見せた 自分は矢倉vs急戦矢倉が大好きなんで、
島の△6四歩を見て、ひゃっほう、と喜んでいた(^^;

が、渡辺は▲4六歩と突いて、島の急戦を警戒、同形矢倉に進んだ
あー、じっくりした戦いになっちゃった
矢内「後手としては▲4六歩を突かせたことに満足ということですか」
屋敷「そうですね」

ちょっと雑談で、渡辺、島、ともにNHK杯では準優勝の経験がある、ということだ
そういえば、まだ渡辺は優勝したことがなかったのか
でも、永世称号を持っているから、生涯、NHK杯シードなんだよね それは得だよね

屋敷「同形矢倉というのは、かなり前に流行ったので、経験値としては島のほうが多いんじゃないか」
この辺り、島の作戦どおり、というところだろう
自分は判官びいきなんで、今回は島を応援しながら見ることにした

渡辺が▲4五歩△同歩▲同桂、と仕掛け、島も7筋を突き捨てて、△6五歩▲同歩△同桂、
さらに△7七歩と打って、攻めていった
屋敷「矢倉特有の盤面全体を使った戦い、島の攻めがつながるかどうか」
島、これでいけるのか~? 竜王をやっつけろ、島!

島が先手の玉頭に嫌味をつけて、△7二飛、と寄ったところで、渡辺は▲6三歩の垂らし! 
そ、そうか なるほど この歩の垂らしで飛車の動きを封じるのか
対して、島はじっと△2二玉、と入城して手を渡した こうやるのか~ 
形勢はどうなってるんだ・・・わからない やっぱり、相矢倉は難しい(^^;

ここから、お互い一歩も引かない攻め合いになった
△6五銀とグイと出て、島は攻める 渡辺も3筋の歩を取り込んで攻める
屋敷「どちらからも色々攻めがありそう」

どっちを持っても怖い局面だ 島は△7五桂、渡辺も▲3五桂!
矢内「激しいことになりそうですね」
屋敷「すさまじい攻め合いですね どちらが先に駆けつくか」
矢内「囲いの壊しっこになるのでスリルがありますね」
形勢は難しいんだろうが、どっちがいいんだ? ドキドキドキ

右手を頭に当てて、左手を腰に当てて考え込む島が映し出された すごい表情だ(^^;
島は2発目の△7五桂を打った!
屋敷「これでわかりやすく勝ちと見てるんですかねー?」

渡辺が2筋から特攻して、▲2四飛、対して島は手堅く△2三金合、としたときだった
渡辺、意表の▲4四角!! な、なんだこれは ここにきて角のタダ捨てか!!

島はこの角を取りきれず、△3三歩の合駒
屋敷「後手玉は詰むや詰まざるや、だが先手としては必至をかけてもいい」と言っていたところ、
渡辺、▲2三飛成で一気に詰ましに行った!
屋敷「これはもう詰ますしかないですね」

詰むや、詰まざるや? ドキドキドキ しかし、渡辺はノータイムで手を進めていく、読み切りか?
・・・で、結果は後手玉は、詰み!! ▲2四飛から数えて、実に31手詰み!!
やっぱすげー!! 渡辺、強し!!

屋敷「ホントに激しい将棋で、視聴者の方にも楽しんでいただけたと思う
 最後の▲4四角が切れ味抜群だった、きれいな詰みだった」
いや~、今回も面白い将棋だった 相居飛車での攻め合い、やっぱりいいねえ 

局後、島「終盤がもうわかんなくて」
実感なんだろうね 渡辺のほうが終盤をわかってるんだろう
その差が勝ちと負けになって表れてるんだろう
これで、渡辺と島の対戦成績は5-0だもんね

感想戦では、▲4四角を△同金とやっていれば島が勝ちだった、と言っていた
渡辺の渾身の勝負手が成功していた、ということだったのか 難しいね~(^^;
いやいや、今回もプロの芸を堪能させてもらった 面白かった