第19期 銀河戦
本戦Fブロック 4回戦
中座 真七段 vs 菅井竜也四段
対局日: 2010年10月5日
解説:松本佳介六段
聞き手:矢内理絵子女流四段
記録:伊藤明日香女流初段

先週の木曜に放送された銀河戦 水色の服を着た矢内がキター アイシャドウがちょっと濃い
個人的には薄い化粧が好み NHK杯のときくらいでちょうどいい!

菅井は本戦3連勝中、中座は佐々木慎に勝ち本戦進出
22年度の成績は、菅井15勝5敗 中座6勝9敗 2人は初手合い

解説の松本「菅井は評判どおりの強さ 石田流、ゴキゲンを使うシャープな将棋
 中座は横歩取りの中座流で有名 何かしら振り飛車対策を用意しているはず」

先手菅井で、▲ゴキゲンvs△居飛車の角交換型の将棋になった

つべこべ言うよりも、この局面で出た菅井の一手を見てもらうほうがわかりやすい↓

後手の持駒:銀 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金v玉 ・|二
|v歩v飛 ・ ・ ・v銀v桂v歩v歩|三
| ・ ・ 歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v桂 ・ ・ ・ ・ 香|五
| ・ ・ ・ 金 歩 ・ ・ ・v桂|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 桂|七
| ・ ・ ・v馬 ・ ・ 銀 ・ 玉|八
| 香 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 金 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 香 歩二 

ここで、菅井の次の一手は▲7九角! 
松本「うわー やっぱりやってきたね なるほど~ 次の一手みたいな手だね これ さすがですね」
矢内「そこから角ですか~」

以下、△同馬▲同飛と進み、使えていなかった飛車をさばき、局面を先手有利に進めることに成功した

この後、中座も激しく追い込んだが、菅井は冷静に対処して逃げ切った
菅井、怒涛の4連勝だ 決勝トーナメント進出はほぼ確定だろう

この一局、まるで久保が指しているかのようだった 
振り飛車党にとっては、先日のNHK杯での久保のふがいない一局のカタキを、この将棋で取った、
という表現がピッタリくると思う(^^;
まだ19才の菅井、将来、A級で活躍する日が来るのは間違いないね