第19期 銀河戦
本戦Gブロック 4回戦
横山泰明五段 vs 矢倉規広六段
対局日: 2010年11月5日
解説:佐々木 慎五段
聞き手:中村桃子女流1級
記録:伊藤明日香女流初段

15日の土曜に放送された銀河戦

横山は予選で室岡に勝って本戦進出 矢倉は前局で長岡に勝ち
22年度の成績は、横山16勝4敗 矢倉12勝9敗 2人の対戦成績は横山の1-0
横山の勝率が8割だ

解説の佐々木「横山は居、振り、両方指す 筋がいい本格的な将棋
 矢倉は豪快な振り飛車党 2人とも終盤が強いのでねじりあいになると思う」

先手横山で、▲居飛穴を目指し持久戦模様vs△向かい飛車でけん制という序盤
矢倉が△3二金と上がって急戦を目指せば面白かったのだが、
矢倉は△5二金左の持久戦策だ 
そこから後手が石田流に組もうとしたところで先手が仕掛け、戦いが始まった

序盤~中盤、佐々木は手の解説をわかりやすくしてくれるのだが、
先に次の手を言ってしまう、ということになり、意外性がない 
将棋の作り自体、ありがちだから仕方がないか 

常識的な手が続く・・・
佐々木は低い声で話し、雑談が全くなし 中村桃子ちゃんも、佐々木に雑談するように振らない
無言で盤面だけ流れる場面が続く
さらに、対局者の両者、駒音がない 
さらに、両者必ず28秒くらいまでじっくり考えて指している
眠くなる条件はそろっていたね Zzzzz・・・

でも、ビデオを一時停止にして、寝た後、起きて見ましたよ 面白くなるかもしれないもんね
しかし、終盤は差がついてしまった この将棋、最後に待っていたのは、
持ち駒が大量にあり、明らかに後手玉に寄せがあるのに寄せにいかない横山vs
駒損し必敗形なのになかなか投げない矢倉、という図式だった

終局後、佐々木「大熱戦でしたね」 それはちが(以下略)