第19期 銀河戦
本戦Cブロック 5回戦
富岡英作八段 vs 糸谷哲郎五段
対局日: 2010年11月24日
解説:片上大輔六段
聞き手:山口恵梨子女流初段
記録:渡辺弥生女流2級

糸谷は前局で遠山に勝ち 富岡は予選で武市に勝ち本戦進出
22年度の成績は、糸谷18勝7敗 富岡5勝9敗 2人は初手合い

解説の片上「糸谷は非常に個性的な独特の戦法、糸谷流右玉などを指す 同時に最新形にも詳しい
 関西勢の若手の中で活躍している、筆頭格
 富岡は居飛車党で角換わりが得意 後手なら一手損角換わりを指す 闘志を全面に出すファイター
 早指しの糸谷と、長考派の富岡、対照的な2人」

先手糸谷で、後手富岡の一手損角換わりになった 富岡は早々に△8五歩と伸ばしたではないか
片上「富岡の独自の工夫なんです」とのことだ 

雑談で、糸谷は今度、大学院に進むかもしれない、ということだった
プロをやっていて大学に行くだけでも大変と思うのに、大学院まで進もうってか すごいなー(^^;
片上「糸谷は頭の回転がとても速く、何を聞いてもパッと答えが返ってくる
 子供の頃は負けるとよく泣く子だった、山崎もよく泣いていた」
へ~、山崎がねぇ、それは知らなかった
片上「しかし、糸谷はあるときから泣かなくなった 
 なぜか、と糸谷に聞いたら、『負けなくなったから』と答えた」
聞き手の山口「すごいですね、カッコイイですね(笑)」

局面、お互いに早繰り銀だ 相早繰り銀! これはめずらしい 面白そうだ
片上「先手の▲7九玉が戦場に近づいている、というのが後手の主張」
おお~、一手損角換わりの可能性を広げるかもしれない作戦か これは見ものだ

片上「角換わりは、早繰り銀、棒銀、腰掛け銀の3通り、後手もその3つがあるので、3×3で9通り、
 さらに玉の位置が▲居玉、▲6八玉、▲7九玉、後手も△居玉、△4二玉、△3一玉とあるので、
 もうプロもわけがわかんないんです(笑)」
そうか、片上でもそうなのか(^^;

さっそく戦いがはじまり、もう引き返す気配がない局面だ
糸谷が後手の3三の銀取りに、▲3四歩と打った瞬間、富岡の△7六歩が来た!
おお~、富岡、銀を逃げないのか!
片上「ほお~、これは、これはすごい手ですね」
双方の銀が取りになっているが、糸谷は放置で▲4六角と打って、飛車取りとした!
ひえ~、すごい乱戦、見ていて楽しい 
山口「3枚も当たってますね」
片上「怖いな~ ホントなんですかねえ」 

片上が「変化が膨大」と話す難解な中盤だったが、糸谷はいつもの早指しのマイペースで指し続けた
富岡、5五に角を打って△1九角成としたが、そっぽの香を取っているようではツライ
この時点で勝負あった 糸谷はノータイムで飛車のぶっつけの決め手を敢行、一気に富岡玉を寄せた

67手で糸谷の勝ち 糸谷はなんと考慮時間を8回残していた 糸谷、強い!
片上「相変わらずの糸谷の決断の良さだった」

感想戦でも、糸谷はテキパキ答え、早見えと深い読みを披露していた
もう1回対局しても、糸谷が勝つだろうな~、と思わせた(^^;
糸谷、順位戦でも順調なようだし、昇級して上の舞台で活躍してほしいものだ

この一局、終盤は差がついたけど、中盤は相居飛車の攻め合いで、自分好みだった 
シンプルで、アマ低級者同士がやってる、とも取られかねない戦型だった とても面白かった

ただ、この「富岡流後手相早繰り銀」とでも言うべき戦法、厳密には後手が苦しいようだ
もっとも、後手を糸谷が持てば、後手が勝つのかもしれないが(^^;