第19期 銀河戦
本戦Dブロック 5回戦
小林健二九段 vs 石川陽生七段
対局日: 2010年12月7日
解説:佐藤秀司七段
聞き手:中村真梨花女流二段
記録:野田澤彩乃女流1級

コバケンは東七段に勝って本戦進出 石川は前局で中村太地に勝っている
22年度の成績は、コバケン7勝8敗 石川10勝11敗 2人の対戦成績はコバケンの2-0

解説の秀司「コバケンは洗練された振り飛車党 コバケンの振り飛車にあこがれてプロになった人も多い
 石川も振り飛車を軸とする 軽快さと重厚さを兼ね備えている」

先手コバケンで中飛車、後手の石川は三間に振り、相振りになった

秀司「石川は将棋会館への出席率が高い カラスが鳴かない日はあっても、
 石川が将棋会館に来ない日はない」

コバケン、金を4段目に進出させ、独創的な駒組みだ
秀司「先手の攻めは飛、角、金、銀、桂、香ですね(笑)」

コバケンが攻めてきたところに、石川が絶妙の焦点の歩の叩きと、
桂損ながら角交換を強要した手が好手
石川のカウンターがモロに決まり、石川の快勝と思われた
うわ~、石川、うまく指したな~、さすがプロ、と思って見ていたのだが!
ここから、石川、中途半端な手を連続で指してしまい、大逆転負け!
あっちゃー、これは石川、悔しいわ 会心の構想でカウンターを決めて、あとは寄せるだけだったのに・・・

この石川の△5七歩、という焦点の歩は、コンピュータに読めるかな?
無理だろう、と思い、試しに激指定跡道場2の検討モードで訊いてみると・・・
読めてる! △5七歩、読めてる!
読んだ上で、違う手をお勧めしてきてる コンピュータ、強いわ(^^;