第19期 銀河戦
本戦Eブロック 5回戦
中田 功七段 vs 阿部健治郎四段
対局日: 2010年11月25日
解説:神崎健二七段
聞き手:安食総子女流初段
記録:野田澤彩乃女流1級

土曜に放送された銀河戦
コーヤンは前期決勝トーナメント進出により予選シード アベケンは現在4連勝中
22年度の成績は、コーヤン7勝10敗 アベケン24勝7敗 2人は初手合い

解説の神崎「コーヤンは軽いさばきの三間飛車党 アベケンは矢倉が得意だが相振りも指す作戦家」

雑談で、神崎「去年の12月、コーヤンと中将棋の公開対局を指した 
 中将棋は駒が92枚あり、12マス×12マス、2時間半かかった
 コーヤンは他にもどうぶつ将棋の初代チャンピオン、王手将棋も得意」

先手コーヤンで、▲コーヤン流三間vs△居飛穴といういつもの図式だ
神崎「コーヤンの好きな手はだいたいわかる」と言うとおり、神崎の解説がびしびし当たり、
すごくわかりやすい いいよいいよー

コーヤン、中飛車に転回して中央から手を作った
▲6五歩と突いた手が、後手の6四の銀に当たっている
あらら、アベケン、どうするんだ? 銀が動けないぞ?
神崎「これはアベケン、ピンチなんじゃないですか」
おお、コーヤン、絶好調のアベケンに一発入れるのか いいぞいいぞ

神崎「コーヤン流のさばきがうまくいっているように思う」
考慮時間を使うアベケン、これは後手がもうまずそうだ どうする?
神崎「銀を7三に引くんじゃ、勝負にならないですからね」
・・・と言っていたのだが、アベケンの指し手は△7三銀!
神崎「ん~ ガマン! ガマンですね なかなか指せない手ですけどね
 アベケンの出身地の岩手のドラマで『おしん』というのがあった そのおしんもびっくりのガマン」

これはコーヤン、どう見ても有利になった これはコーヤンとしては勝たなくてはいけない将棋だ
ところが! ここからアベケンが勝負手を連発、さすがの力を見せた
これにコーヤンは対処を誤り、局面が難しくなってきてしまったではないか 
両者30秒将棋だ わわ、これはどうなるかもうわからないぞ 

コーヤンは竜を後手に金で当てられたが、竜を逃げずにつなぎの歩を打って勝負をかけた
神崎「コーヤンの竜のおしりに歩を打つ手、有名なのが過去にあったんですよ」
それ、私もなんとなく知ってる 将棋世界に載ってたんだよね そうとうマニアックだけど(^^;

大駒を全部叩き切って攻めるコーヤン、アベケンも底歩を打って受ける
見ごたえがある攻防だ いいよいいよ 面白い!
そして、後手玉がほぼZの形になった瞬間を利用して、アベケンの猛ラッシュがキター
コーヤンもバシッと気合い充分で指す!
神崎「際どい終盤ですね」
どっちが勝ってるんだ ドキドキドキ

先手陣は金銀4枚の美濃だったが、アベケンの猛攻に耐え切れず、美濃は崩壊
先手玉が詰まされ、コーヤン投了! 98手でアベケンの逆転勝ち!

うわー、アベケン、また勝っちゃったよ コーヤン・・・どう見てもさばけた局面からの逆転負け
ああ~、これはコーヤンとしては残念だ アベケンの勢いに飲まれたね
神崎「アベケンの勝因は△7三銀の辛抱 どうもそこからコーヤンの指し手が乱れた」

アベケン、銀を△7三銀としたのに勝つのか 普通、勝てないとしたもんだけどね
新人王を取った勢い、勝負運を感じた
なぜか相手の悪手を呼び込むんだよね そういう空気にさせるんだよね
こういうのを、「何か持ってる」と言うんだろう
この一局、ベテランが序盤でリードしたが、そこから若手が勝負手を連発して逆転、という展開で、
とても面白かった アベケンの勢い、止まらず!