第19期 銀河戦
本戦Fブロック 5回戦
日浦市郎八段 vs 菅井竜也四段
対局日: 2010年11月11日
解説:安用寺孝功六段
聞き手:山田久美女流三段
記録:井道千尋女流初段

22年度の成績は、菅井18勝6敗 日浦12勝10敗 2人は初手合い
菅井は本戦4連勝中だ 日浦は予選で堀口弘治に勝ち本戦進出

解説の安用寺「菅井はデビューから勝ちまくっている ゴキゲンと石田流を使う力将棋、関西のホープ
 日浦は八段に昇段して、コンスタントに勝っている棋士 研究熱心で最新形も好んで指す居飛車党」

先手菅井で、▲ゴキゲンvs△居飛車、角交換の将棋になった

日浦は5筋の位を取らせまいと、△5四歩+△5三銀の形
菅井はいったん5筋の歩を切ったあと、また▲5五歩、と歩を合わせてきた 十字飛車の狙いだ
安用寺「さっき5筋の歩を切ったばかりのところだから、気づきませんでした」
さてさて、どうなる?

安用寺「これは日浦の対策が見ものですね どうするんだろう わかりません うーん」
考慮時間をどんどん使う日浦
▲7一角と打ち込まれて、さらに考えている日浦 これは見え見えの筋のはず、
ここで考えているのはおかしい・・・ 日浦はもう考慮時間を全部使い切ってしまった

安用寺「日浦に錯覚があったのかもしれません 菅井良し」
聞き手の山田久美「何をやっても良さそうですね」
え~? 何、もう大差じゃないの、この進行は何? 先手がやりたい放題だ

菅井は▲6五桂、と天使の跳躍、飛車も捕獲、2枚飛車で一気に後手を寄り形に持って行った
圧倒的な大差がつき、日浦、なすすべなく投了!
わずか63手、番組開始から53分で終了 菅井は考慮時間を6回余していた

何これ・・・ ボロボロ・・・
山田久美「突然の投了でしたね」
安用寺「菅井にしてみれば快勝、日浦に何か誤算があったと思う」

正直、棋譜だけ見たら、後手は24の中級者レベルか、と思わせる内容
日浦、これでプロの八段か・・・ これはかなりひどいとしか言いようがない・・・

作戦面で思うのだが、この後手の△5四歩として5筋の位を取らせない作戦、
あまり理にかなっていないように思う
だって、先手は5筋に飛車を振って攻めてこようとしてるのに、△5四歩とするのはお手伝いに思える
本局のように、ボロボロになってしまう可能性もある、と再認識させられた

それにしても日浦、不出来すぎる一局だった もう感想戦も見る気力がうせ、見なかった(^^;