この番組、良かったです 升田九段、カッコ良かったです! 
「新手一生」いいですねえ 常識を超えて自分の手を指す、これが一番ですよね
まあ、凡人は常識に追いつくことに手一杯、四苦八苦しているわけですが(^^;

第1回の放送で、将棋盤が映ったところ、後手の駒の配置が飛車と角が逆だったり、
「香を引いて勝つ」というイラストが、左右両方の香を落としてしまっていたり、となっていたときは
この番組、いったいどうなるのか、と思いましたが(^^;
その後は凡ミスもなく、いい出来に思えました 見ていて升田さんに惚れました

羽生さんが、「升田九段と指してみたい、序盤だけでいいから」というエピソードが
あったのが印象的でした 
羽生さんは「序盤の構想をどうするか」というのが将棋の最も難しいところ、と思っているんですよね
将棋世界で「序、中、終盤力、どれか一つ完璧な力もらえるとしたら、どれか」という
質問があったときに、羽生さんは迷わず「序盤」と答えていましたからね
升田九段の序盤力は卓越していた、ということでしょう

「将棋の子」などの著書がある、作家の大崎さんは升田さんをよく理解していたと思えますし、
タニーが出てきて、手の意味を解説していたのもとても良かったです

升田九段、生まれ変わってもまた棋士になりたい、と言ってましたね
それもムチャクチャ強い人に、とのこと
兵隊に取られ、戦争に行かなくてはならない時期もありましたが、将棋というやりたいことができ、
「名人に香を引いて勝つ」という夢も実現し、新戦法を編み出し、理想の一生かもしれませんね 

今のプロにも、個性的な手、戦法を指してもらいたい、と思ってます
30年ほど前、相矢倉ばかりだった頃、そして10年くらい前△8五飛が流行っていて研究合戦だった頃、
それに比べると、今は色んな戦法が花盛りで、とても面白い時期と思いますね
升田九段も、今の序盤技術の高まりには、天国から「まずまずじゃ」と言ってくれるのでは? 
それとも、現状で満足していてはいけない、「ヴァッカモン!」と言われるでしょうか?(^^;