第19期 銀河戦
本戦Dブロック 7回戦
勝浦 修九段 vs 宮田敦史六段
対局日: 2011年1月6日
解説:中村 修九段
聞き手:中村真梨花女流二段
記録:渡辺弥生女流2級

勝浦は予選で佐藤慎一四段に勝って本戦進出 宮田は前局でコバケンに勝ち
22年度の成績は、勝浦3勝5敗 宮田13勝9敗 2人は初手合い

解説の中村修「勝浦は、中原や米長としのぎをけずった世代の大ベテラン、終盤がしっかりしていて、
 カミソリ流と呼ばれる 詰将棋作家でもある
 宮田は終盤力にたけている、詰将棋が得意、解く方専門」

先手勝浦で、▲四間飛車+穴熊vs△居飛車銀冠になった
修「勝浦は広瀬王位の師匠だから、穴熊にするような気がするなあ」と言っていたら当たりだった

さて、中盤、勝浦が▲9五歩から仕掛け、先に香得した宮田が△6六香と打ってきた場面↓

後手:宮田敦史
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v玉v香|一
| ・ ・ ・v飛 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v歩v銀v金v桂v銀 ・|三
|v香 ・v歩 ・v歩v歩v歩v角 ・|四
| 歩v歩 ・ 歩 ・ ・ ・v歩v歩|五
| ・ ・ 歩v香 銀 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 飛 銀 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 角 ・ ・ 金 金 香|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 玉|九
+---------------------------+
先手:勝浦
先手の持駒:歩 

局面は△6六香まで 

ここで、本譜は勝浦は▲5九角と引いてしまい、以下△5五歩▲同銀△6七香成と進み、
その後は△6五桂~△5七桂成とされて、勝負所がなく先手の負けになった 
感想戦で勝浦「▲5九角が敗着」
勝浦が局後に示した、穴熊らしいさばきの順とは?

正解は、▲7七角 これで、以下△5五歩▲6六角△5六歩▲同歩と進めれば、
▲2六歩からの反撃を見て先手が充分やれた、とのことだった

本譜は▲5九角としたため、後手に成香と成桂で攻められ、一方的になった(^^;
局後、勝浦「こっからはボロボロですね」

あ~、勝浦、結果的にボロ負けだったね 
勝浦は引退するそうだが、まあ仕方ないか、と思える内容になってしまった
勝浦は64才、A級には8期在籍、弟子の広瀬ががんばっているし、引退してもいいよね
詰将棋作りとか、対局とは別の方面で活躍してください!

さて、明日、NHK杯の女流枠の出場決定戦があります! 見逃さないようにしましょう
>第61回NHK杯出場女流棋士決定戦 放送時間変更のお知らせ
>4月2日(土)14:20~16:00 NHK教育テレビ