中村太地五段vs松尾 歩七段   NHK杯 1回戦
解説 先崎学

さあ、気分一新、新たなNHK杯の開幕だ 今期は第61回とのこと
ちなみに、NHK杯の公式ページはこちらです↓
http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/shogitou/

オープニング、画面右上の島の顔が変だ~(笑)
そして、また羽生が指すシーン(^^; 前期優勝者が指すんだから、羽生だね これは変わりないね

聞き手は今年が3年目でたぶん最後の年だろう、矢内!
おお、や、矢内、大人っぽい~! 大人になったね かわいいし美しいね 今期も聞き手を頼みます!

出場者のメンバーを見てみると、 
船江四段、永瀬四段、阿部健治郎四段、牧野四段、菅井四段が出場かあ フレッシュだね
五段では、遠山五段、そして今日の対局者の中村太地五段が目新しいところだ

解説者は先ちゃんだ 若草色のスーツ、いいね
あれ? 眼鏡をかけ忘れてるよ 
キムジョンイルみたいな眼鏡、似合っていたのになあ どうしたのやら?
(ちなみに、私は先崎さんの影響でレーシック手術を受けました 経過は、再手術があったものの良好)

太地(たいち)は予選で青野、高野、野月に勝って本戦進出 これは予選を通るのが大変だね
松尾はB1以上のため予選免除
先崎「太地は米長門下の弟弟子、居飛車が多い、筋がいい、勢いがいい手を好む
 松尾も気合いを重んじる」

事前のインタビュー
太地「NHK杯は子供の頃から出場したいと思っていたので、とてもうれしい
 自分らしく思い切って攻めて、いい将棋を指したい 相手の松尾は実力者でスキがない印象」
これを見て、矢内と先崎
矢内「ちょっと緊張ぎみでしたかね(笑)」
先崎「だいぶ緊張してる(笑)」

松尾「太地はさわやかな好青年 将棋は粘り強く、受けが強い
 NHK杯は、やるからには優勝を目指す 一局一局集中してがんばりたい」
矢内「太地のことを受け将棋と言ってましたね」
先崎「とらえかたが違うんですね(笑)」

さて、今期から持ち時間が15分から10分に短縮された うん、まあこれはいいです!
今回も見ていて、短くなったことが気にならなかったです 私は序盤はテンポが速いほうが好きです

矢内「先崎さんは初出場の頃は緊張しましたか?」
先崎「あの頃は勢いがあったからねー(笑)」
そうだったんですよね・・・ 先崎さんは、若い頃、NHK杯で優勝しているんですよね
思えば、あの頃が先崎さんの一番強い時期だったのかもしれませんorz

先崎「太地は大学にも通っていて、学業のほうもトップクラス」
今、ウィキペディアで調べたら、早稲田大学政治経済学部とのこと へえ~
矢内「太地は子供の頃、将棋番組に出ていて、なわとびの名人になりたい、と言っていた」
なわとびの名人かあ なわとびのプロ組織はないよね 将棋はその点、プロがあってよかったね

さて、雑談があんまりない 持ち時間が10分に短縮されたということは、
雑談の時間が減ったということなのか 松尾に関する情報がほとんどなかったような(^^;

先手太地で、一手損角換わりの相腰掛け銀に進んでいる 先手は▲4七金型だ
先崎「▲4七金は最近増えた、現代的な手」

さっそく太地に意外な一手が出た ▲7七銀としたのを、また▲6八銀と引いたのだ
先手も2手損だ もう手の損得がわけわからん(笑) 
先崎「こういう手がありますかー △8五歩を突かせようという手ですね
 こんな手が最近はあるんですか」

これを見た松尾、△1二香だ
先崎「太地に仕掛けてこい、という手ですね 勝負手です」
太地、考慮時間を5回まで減らし長考の末、▲4五歩と行った! △同歩▲同桂、
さあ、松尾は△4二銀か? △4四銀か? △4二銀で、どうなるか見てみたいが・・・
先崎「△4二銀は、先手から何をされるかわかんないから、怖い」
本譜、松尾は△4二銀! おお、そうこなくっちゃね 面白くなってきた

太地、▲1五歩△同歩に、▲1四歩!
先崎「はーはーはーはー これはアイデアですね これいい手ですね 松尾困ったかな?」
おお、太地が魅せた! これはうまく行きそうだ 太地が良しなのか?
松尾が桂を取って、どうか・・・ 太地は馬を作ったが、まだまだ大変か

先崎「いや~ 難しい将棋になりました」
ここまでで、太地はもう考慮時間をほとんど使い切ってしまった 
この辺りの時間配分が、太地の経験の浅さが出た感じだ
太地、銀をぶつけたが、当然取られて手番が松尾に、そして松尾、駒音高く、パン!と△5五角!
先崎「△5五角打ちましたね」
矢内「いい角ですね」

そして、本局最大の魅せ場、端から攻めてきた太地、誰もが△1二歩と思ったであろうところ、
松尾は△1一香! あー、それで先手が取れるのか、そんな手があるのか・・・!
先崎「ほおー! 香を打ちましたね なるほどお これはいい手ですね!」
手が進むほどに、この香がいい手とわかり、解説の先崎は何度もほめることになった
 
1筋に香を打ち合ったことで、太地からは手がない あー、これは太地、困った
先崎「△1一香で太地はしびれた △1一香は地味な名手でした」

後は、松尾は駒得を拡大、それからの寄せも磐石だった 
万に一つも逆転がないように、着実な寄せだった 結果、松尾の快勝!
初出場の若手を相手に、腕力できっちり勝ち切ったね 
松尾、さすが、順位戦でA級へ昇級まであと一歩、竜王戦も1組なだけあるわ 松尾、強いわ
投了図でも△1一香が光ってたなあ

太地としては、1三に歩を成っていくんじゃなくて、銀を打ち込んで勝負するしかなかったか、
結果論だけどね 感想戦はそこをやっている最中に終わりだった

松尾の強さが出た将棋だった △1一香、これに尽きるね 
その後の寄せ、これは男子プロは逃さないよね 

ちなみに昨日の▲里見vs△甲斐の一局、あれはあまりにも逆転しすぎで、どうにも(^^;
甲斐さんにはもちろんがんばってほしいんだけど、あの内容ではNHK杯で女流の勝ちは期待できない、
と思わざるを得なかったです 里見さんも甲斐さんも、もっと強いはずですよね・・・

松尾の名手で、開幕した今期、注目はやはり3連覇中の羽生を誰が止めるか、ということだろう
毎週日曜、AM10時15分から、チェックイットアウト!