第19期 銀河戦
本戦Hブロック 7回戦
窪田義行六段 vs 稲葉 陽四段
対局日: 2011年2月10日
解説:阿部 隆八段
聞き手:山田久美女流三段
記録:野田澤彩乃女流1級

窪田は予選で岡崎六段に勝ち 稲葉は西川和宏、上野、福崎、片上に勝ち4連勝中
22年度の成績は、窪田24勝13敗 稲葉25勝8敗 2人は初手合い

解説の阿部隆「窪田は独自の路線を行く振り飛車党 力戦で押さえ込みを得意とする
 前期棋王戦ではベスト4
 稲葉はシャープな攻め将棋 居、振り、両方指す 高い勝率は実力の証
 過去に棋聖戦で挑戦者決定戦まで行った」

先手窪田で、▲角道を止める三間飛車vs△居飛車急戦になった
稲葉が誘いの手を指し、窪田がそれに乗る形で、玉を囲う前から決戦になった
阿部隆「稲葉、危険だが何か用意があるのか?」と言っていたが、何もなく、苦戦に追いやられた(^^;

窪田はビシビシとノータイムで指していき、阿部隆「決断がいいですね~」
ホントに早い! 稲葉も粘ったのだが、窪田は全然間違えない
窪田はほとんど考えないで正解手を指し続け、115手で窪田、快勝!
なんと考慮時間を7回も残していた すげー

阿部隆「窪田の会心譜、いいところが全部出た 
 終盤になる前に差がついてしまい、稲葉は得意の終盤力を発揮できなかった」

実は、昨日、私は24で15局も指してしまい、疲れました
とんでもない逆転負けを続けて3~4回も連続でくらってしまい、熱くなって指し続けてしまいました(^^;
棋譜はほぼボロボロですが、Rはそれほど落とさずに済んでますね・・・(笑)

この一局も、稲葉は一方的に負けていて、阿部隆は「もう投了でしょう」と言っていたところから
まだ指し続け、最後に「詰めろ竜取り」をかけて、一手違いまで持っていった
窪田は間違えなかったけど、これ、私だったら大逆転負けしていだだろう(笑)

あ~、将棋は見るのもいいけど、指すのもいいね また24で指すぞ~