第19期 銀河戦
本戦Bブロック 8回戦
安用寺孝功六段 vs 戸辺 誠六段
対局日: 2011年3月8日
解説:勝又清和六段
聞き手:山口恵梨子女流初段
記録:渡辺弥生女流1級

ブロガー戸辺の登場だ 戸辺は、自身のブログで「銀河戦を見てね」と書いてあったが、どうか?

安用寺は予選で伊藤博文六段に勝ち 戸辺は前局で真田に勝ち
22年度の成績は、安用寺12勝13敗 戸辺25勝13敗 2人の対戦成績は、戸辺の2-0

解説の勝又「安用寺はオールラウンダー、最近は力戦振り飛車が多い
 戸辺は現代振り飛車の使い手の代表格、先手では早石田、後手ではゴキゲン」

勝又によると、戸辺は奨励会三段時代から、すでに早石田とゴキゲンに戦法を固定していたそうだ
当時はまだ藤井システムが全盛の頃だったとのこと 

先手安用寺で、▲居飛車+左美濃vs△三間石田流+美濃になった
9筋の位を先手が取っているが、その分、後手が手得している

勝又が「戦いはまだまだ先です」と解説していたそのとき、いきなり戸辺が△4五歩と開戦!
勝又「あ おや あ そうですか あら まあ」
なんか、勝又の言い方、笑える(笑)
勝又「のんびり駒組みの解説をしている場合じゃなかったか」
この突然の開戦には、私も見ていて驚いた さあ、これで戸辺がうまくやるのか?

勝又「これで後手がうまくいくとは思えないが・・・」という解説をしていたところ、
戸辺は歩の叩きから飛車をひとつ浮く、という筋を指し、勝又を感心させた
勝又「全然気づかなかった、気づきそうなもんですけどね(^^;
 さすが現代振り飛車の第一人者ですね~」
あの、私は見ていて気づきましたよ だって、そのくらいしか手がないところだもん(笑)

しかし、安用寺もまだ最善の受けと思われる手を指して対抗
さあ、手が広いところ、戸辺はどうする? 戸辺、さらに自陣に桂打ちの好手!
勝又「ちょっと気づかなかったですね さすがですね~」
うう、うまい 手順に先手の銀を退却させた 

さらに、勝又の予想は歩の垂らしのところで、戸辺の指し手は、安用寺の狙いを封じる、攻防の角打ち!
うーわ、これ、おそらく最善手だわ 勝又の予想手より、全然いいわ(笑)
勝又「おー なるほど! それが筋か 僕が解説するより、鑑賞していたほうがいいですね(^^;」 

安用寺は9筋にアヤを求めたが、戸辺はそれを逆用、勝又の予想手を上回る手を披露し、
先手玉を9筋から攻めることに成功した
最後はまたしても勝又には見えなかった攻防のドンピシャの飛車打ちで、ものの見事に勝ちを決めた 
72手の短手数で、戸辺、完勝! み、見事!! 完璧!! パチパチパチ

勝又「うまくさばくもんですね~ 戸辺にとっては会心作ではないか」

戸辺、すごい!! 振り飛車のさばきの完璧と思える棋譜が出来上がった
この一局、全てが、戸辺の思惑の中で手が進んだと言えると思う
戸辺には一手の無駄もなかった すばらしい!!

感想戦でも、勝又に「仕掛けられてからは居飛車はノーチャンスでしたか」と言わせる結論になっていた
いや~、これは石田流使いの人には、すごく参考になる棋譜だろう 
居飛車党の私から見ても、ホレボレするような完璧な作品だね 
そして、ビューティフルだ 完璧な物って、美しさを放つね 今回の一戦、美しかった
勝又の予想はことごとくハズレ続けたが、それがまた番組としていい味を出していた(笑)

先日、ふがいないTV対局が続いたことで、私はブチ切れてしまったが(^^;、
今回の戸辺の指しまわし、ホントに良かったわ~ パチパチパチ
こんな指しまわしが見れるなら、まだまだ将棋観戦が好きでいられます 戸辺六段、グッジョブ!!!