杉本昌隆七段vs伊奈祐介六段   NHK杯 1回戦
解説 小林健二

おお、矢内、今日の服かわいいな 髪型もうしろにまとめていて良し!
解説のコバケンは和服か え~っと、今日は杉本vs伊奈・・・ あんまり食指が動かないが(^^;

事前のインタビュー
杉本「伊奈は同門で昔から知っている 居飛車党で本格的な将棋
 解説が小林健二で、同門が3人そろったということで、いい将棋が指せれば」

伊奈「杉本は兄弟子のような存在 ひさしぶりのNHK杯、緊張するだろうが、
 胸を借りるつもりで、いい将棋が指せるようにがんばりたい」

先手杉本で、▲三間飛車+穴熊vs△居飛車+米長玉銀冠だ 
持久戦から、伊奈から仕掛け、伊奈の押さえ込みが成功するところだったはずが、
伊奈の疑問手があり、杉本が飛車を生き返らせてリードを奪い、長手数かかったが最後まで押し切った
という一局だった 157手で杉本の勝ち なげ~な(^^;

コバケンの解説が的確で、予想手がズバズバ当たっていた
悪いところは悪い、とちゃんと言ってくれたのが良かったと思う

結局、伊奈の敗因は押さえ込みに失敗した中盤までさかのぼるね
この一局、長い将棋だったが、見ていて驚いた手は、伊奈の成銀タダ捨ての一手、それくらい・・・
あとは指し手が予想の範囲内だった 見ていてびっくりするような手を指してほしいんだけど(^^;

今回のNHK杯、盛り上がりを欠いてます どうしましょう(^^;