昨日のNHK杯の終盤、天彦はせっかく飛車交換を挑んだのに、
飛車を有効に使えずに終わってしまいました
飛車交換の後、▲4一飛から猛攻する変化があったようです


後手の持駒:桂二 歩四 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v金v歩v銀v歩v歩|三
|v歩v飛 ・v歩 銀 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・v歩 ・v角 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 桂 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩 
後手番

△5四金 ▲6三角 △4五銀 ▲8六飛 △同 飛 ▲同 歩
△5六歩
*ここで、天彦は実戦で▲同歩で以下△5七歩と進行したが、激指定跡道場2の検討モードでは、▲4一飛が有力だったとのこと 以下、難解
▲4一飛 △6二玉 ▲6一飛成 △同 玉 ▲5二金 △7一玉
▲7二銀 △8二玉 ▲5四角成
*これで後手玉に詰めろがかかった
△5七歩成
*これを▲同玉は後手有利とのこと
▲6九玉 △8九飛 ▲7九銀
*これでギリギリで、互角の形勢とのこと まだ少し動かしてみます
△6八飛 ▲同 金 △同 と ▲同 玉 △7七角成 ▲5八玉
△5七歩
*こんな変化になるらしいです・・・ これで互角だそうです 難解ですね(^^;
*でも、先手としてはこっちに踏み込むべきでしたね
*結果論ですけどね