第19期 銀河戦
本戦Aブロック 9回戦
屋敷伸之九段 vs 森下 卓九段
対局日:2011年3月16日
解説:浦野真彦七段
聞き手:竹部さゆり女流三段
記録:伊藤明日香女流初段

土曜に放送された銀河戦
屋敷は予選で児玉に勝ち 森下は前局で飯島に勝ち 

22年度の成績は、屋敷22勝13敗 森下15勝17敗 2人の対戦成績は森下の10-6

解説の浦野「屋敷は奇抜な手を指すイメージがあるが、私はオーソドックスなタイプと思う
 自分から動いていく将棋
 森下は駒台に駒がいっぱいあるイメージ 普通の手を指して普通に勝つ、王道の将棋」

先手屋敷で、▲居飛車+片矢倉vs△向かい飛車+右玉という戦型になった
森下、右玉も指すことがあるのか へー

雑談で、浦野「将棋は体に悪いと思うときがある 悪手を指したときに、血の気が引くからね
 関西の淡路さんは『あんまりがんばったら、体に悪いなー』と言いながら長手数がんばっている(笑)」

中盤を迎え、局面は駒が複雑に当たる、力戦だ
浦野「力比べという感じになってきましたね」

金銀が密集して、6筋付近に駒のかたまりができる、という、珍しい局面になった
浦野「うわ~ すごい当たり方ですね(笑)」
見ていて面白かったので、貼り付けておきます 図は58手目△6三金まで↓

後手:森下
後手の持駒:
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v桂v金v歩 ・v角v歩v歩|三
| ・ ・v歩 角v銀 ・v金 ・ ・|四
| ・ ・ ・v歩 銀v歩v歩 歩 ・|五
| ・ ・ 歩v銀 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 金 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 金 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
先手:屋敷


見ての通りの、力が強いほうが勝つ将棋になり、
前回の▲森下vs△飯島の一局を見た私は、「今の森下の力じゃ、屋敷には勝てないだろう」と
思っていたのだが!
終盤まで接戦になり、一手違いの戦いを見事に制したのは、なんと森下! 98で森下の勝ち!

森下は飛車を取らせた判断、そして最後は玉の逃げ道を広げる△6二金と引いた手が絶好だった
玉を中段に逃げ出す、右玉の奥義のような手だったね

本局は森下が強かった 屋敷相手に、堂々の力勝ちだった
浦野「飛車を取ったときは屋敷がいいかと思いましたが、最後の森下の金引きがいい手でしたね~」

森下、A級10年、そしてJT杯2連覇は伊達じゃない、やっぱりやればできる!
前回の飯島戦では、時間の使い方もメチャクチャと感じたが、今回はちゃんと時間をうまく使っていた
いい内容で、よかったよかった(^^) 感想戦も充実した内容だった 
うんうん、毎回こんな将棋を見せてください!