第19期 銀河戦
本戦Cブロック 9回戦
畠山 鎮七段 vs 先崎 学八段
対局日: 2011年3月17日
解説:富岡英作八段
聞き手:久津知子女流初段
記録:井道千尋女流初段

土曜に放送された銀河戦
畠山鎮は予選で吉田に勝ち、先崎は前局で糸谷に見事に逆転勝ち 糸谷戦はすばらしい内容だった
22年度の成績は、畠山13勝17敗 先崎19勝16敗 2人の対戦成績は先崎の4-3

解説の富岡「畠山は居飛車党、全体に隙のないキチッとした将棋
 先崎はオールラウンダー、器用に何でも指しこなす、人柄どうりの印象」

先手畠山で、▲7六歩△3四歩▲2六歩と進む 
4手目で小考した先崎、そのときの気分で作戦を決めているのかもしれない

先崎の作戦は、陽動振り飛車っぽい作戦だった 居玉のままの、袖飛車だ
これ、先崎の側を持って指しこなすのは大変だろう ヘタをしたら、すぐ空中分解しそうな作戦だ
これをまとめる自信があるのはさすがだ 
「こんな戦法でも一局、将棋は好きに指したらいい」という先崎の声が聞こえてきそうな戦法だ

畠山が速攻で3筋から動いていき、戦いになった 
2筋が破れるのは確定したので、先崎は2筋を放置して、その間に手を作る展開になった
富岡「ここで先崎は何かたくらんでますよ」と言ったとおり、先崎は7筋から強襲!
先手は船囲いなので、7筋はモロに玉頭なのだ

この先崎の玉頭攻めが直撃! 一気に流れが先崎に傾いた 
富岡「畠山が受けを誤った これはもうダメですね 畠山も呆然としてるんじゃないですか」
先崎の手は冴え渡り、盤上に駒を置く指がしなっている おー、先崎の快勝譜か

もう投了かと思われたそのとき、畠山、遊んでいた角を後手陣に利かせた
富岡「最後の勝負手ですね」
秒を8まで読まれて、あわてた感じで対応した先崎だったが、これが痛恨の悪手!!
なんと、畠山は後手玉を21手詰みの即詰みに切って落とした 99手で畠山の逆転勝ち!

うーわ、これは畠山が見事だったわ トン死と言えばトン死だけど、21手詰みって・・・
しかも、詰み手順がけっこう複雑だ そうか、5筋に歩が利くのか
これを30秒将棋で詰ましたのはすごい! まさにプロの芸だ

富岡「先崎が着地で失敗して大逆転した」
解説の富岡には後手の正しい対応がわかっていた、とのことだったが、感想戦をやってみると、
富岡の手でも先手が逆転勝ちしていることが判明 富岡が後手を持っていても、逆転負けしてたね

先崎のミスよりも、畠山の勝負手を賞賛すべきだろう 
押されまくっていたところでの最後の勝負手、見事だった!
一方の負けた先崎も、作戦がとても面白く、腕力を見せていた これは好ゲームだった 面白かった

あと、全然関係ないけど、記録の井道女流の髪の毛がすんごいキレイだった サラサラだね(^^;