第19期 銀河戦
本戦Dブロック 9回戦
杉本昌隆七段 vs 北浜健介七段
対局日: 2011年3月30日
解説:飯塚祐紀七段
聞き手:矢内理絵子女流四段
記録:伊藤明日香女流初段

おおっ 聞き手が矢内ではないか 髪の毛、凝ってるな~ 長ーい髪でボリュームたっぷり、
後ろで束ねて垂らしてフワッとさせて、まるでデコレーションケーキみたいだ

北浜は前局で宮田敦史に勝ち 杉本は予選で島本に勝ち
22年度の成績は、北浜19勝13敗 杉本11勝19敗 2人の対戦成績は北浜の2-1

解説の飯塚「北浜は居飛車中心、相掛かり、横歩取りが得意 たまにゴキゲンも指す 激しい攻め将棋
 詰将棋作家で有名 終盤が強い
 杉本は近年は四間からゴキゲンにシフトしている 横歩取りも指し、新基軸を見せている
 なかなか崩れない粘り強い棋風」

先手北浜で、▲7六歩△3四歩▲6八玉△8四歩で、相居飛車になった
飯塚「杉本は居飛車にするのを苦にしない」
この飯塚の言葉どおりの展開になった 

杉本が横歩を取り、飛車角交換の力戦になったが、
杉本、うまい自陣角を放ち、攻勢に出て、絶好調だ
飯塚「升田幸三ばりの自陣角ですね」
もう一枚の角と連携させ、先手陣を壊滅させた
杉本は低い駒組みで自陣に隙を作らず、北浜は手持ちの飛車が全然使えない

一方的に攻める杉本 北浜、もうボロボロだ 
駒損がひどいし、後手陣に迫ろうにも、攻めの手がかりすらない
あー、これは杉本の会心譜だったなあー うまい具合に攻めたもんだ この将棋は杉本が強かった、
ともう終局模様だったのだが・・・ なんと、北浜の「最後のお願い」の王手に、なんと杉本、受け間違え!

ここからもうどっちが勝ちかわからない、ドタバタの終盤に! 
え~ これが逆転するの~っていう展開 え~ 
飯塚「あれあれ 杉本さんの楽勝かと思ったけど?? あれあれあれ??」

最後は、北浜が即詰みを逃してしまったため、杉本が再逆転して勝ち、という内容だった
102手で杉本の勝ち

んー、これ、見ていた私としては、ちゃんとリードを守って杉本に勝ちきって欲しかった・・・
そりゃあ、どっちが勝つか、ハラハラという意味では逆転するのも面白いんだけど、
大量リードしていたんなら、プロなら逆転させずにきっちり勝ちきって欲しい
相手がもしponanzaなら、杉本も北浜も両方負けてたな、と思わずにはいられないわけで・・・ 
なんとも、プロには厳しい時代になったものだ(^^;

北浜の勝ち筋を、矢内が発見していたのが救いだった 矢内、けっこうやるね!

終盤のドタバタはあったものの、杉本の作戦、構想はすばらしく、3手目▲6八玉をとがめたね
そこは見事だった やっぱり3手目▲6八玉は、後手に居飛車で来られたときに疑問手となりうると思った