第19期 銀河戦
本戦Gブロック 10回戦
行方尚史八段 vs 中田宏樹八段
対局日: 2011年4月19日
解説:鈴木大介八段
聞き手:本田小百合女流二段
記録:伊藤明日香女流初段

土曜に放送された銀河戦
NHK杯に登場した行方、銀河戦でも登場 対するはデビル中田

22年度の成績は、中田16勝14敗 行方17勝17敗 2人の対戦成績は行方の5-3
解説の鈴木大介「中田は本格的な居飛車党 攻めが強くて一直線に攻めてくる
 行方は、攻め将棋から最近はバランス型にシフトチェンジした」

大介によれば、棋界で指折りの攻め将棋は、康光、北浜、野月、そしてデビル中田だそうだ

先手中田で、相矢倉 互いに中飛車にして、難しい将棋になった
中田が一歩損して、攻めを敢行
大介「理論上は行方がいいはずだがどうなるか」

実戦は、行方が攻め合いを選び、寄せ合いに、難しい終盤に突入
どっちが勝っているか、ギリギリで感想戦でも結論は出なかった
本譜は行方が押し切った 100手で行方の勝ち

この将棋、大介の解説は手が見えていてわかりやすいのだが、大盤を使わずに符合を口頭で言うので
ついてくのが大変だった そして、相居飛車特有の難しい将棋・・・
対局者や解説者ですら、感想戦で「どうだったのだか」ということだったから、
見ている私には荷が重すぎた あ~、あんまり感想がないorz  

最近将棋を見過ぎているのかも? 将棋観戦を休むことも考えなくてはいけないかもしれない
ここからいよいよA級棋士が出てくるというのに、なんだか暗雲がたちこめている
一時的なものだったらいいのだけど・・・