私は居飛車党で、対振り飛車には右四間をよくやっているのですが、
実戦で相手の振り飛車側にやられて、困っている指し方があります
簡単な指し方なので、振り飛車党の人には参考になると思います


先手:振り飛車
後手:右四間

▲7六歩
*先手が振り飛車にします 後手が右四間で攻めてくる、という将棋です
△3四歩 ▲6六歩 △6二銀
*後手は飛車先突かずの形で行ってみます
▲6八飛
*▲7五歩~▲7八飛でも、もちろん一局
△6四歩 ▲7七角
*角を上がって、桂馬でヒモをつけておきます
*後手の将来の△8五桂を誘っている意味もあります
△6三銀 ▲7八銀 △5四銀
*後手は腰掛け銀 右四間が濃厚ですね
▲6七銀 △6二飛
*後手は右四間 威力のある戦法です 今回はこの戦法に対する受け方の紹介です
▲5六銀
*振り飛車も腰掛け銀で対抗します
△4二玉 ▲4八玉
*お互いに玉を囲い合います
△3二玉 ▲3八玉 △5二金右 ▲2八玉 △9四歩
*△9三桂の順を作った手 △7四歩~△7三桂ももちろんあります 振り飛車側はその場合も同じ対応でいけます
▲3八銀
*美濃が完成
△9三桂
*右四間側の桂跳ねを見たら、振り飛車側は次の手がポイントです
▲9八香
*香をひとつ上がっておく これがミソ
△8五桂
*仕掛けてきました でもこれは待ち受けていたところです
▲8六角 △6五歩
*行ってみる
▲同 歩 △9九角成
*次の手で、振り飛車側有利が確定 その手とは?
▲7九金
*これ! 激指定跡道場2の検討モードでは、+388で先手有利と出ました 後手からはこれ以上、攻める手段がありません 右四間が作戦としては失敗した図です
*
*振り飛車側は、左の金を動かさずに、わざと相手の仕掛けを誘う、という戦術でした
*私はこれの対策がわからず、今のところ困ってます(^^;