第19期 銀河戦
本戦Aブロック 最終戦
三浦弘行八段 vs 森下 卓九段
対局日: 2011年4月20日
解説:阿久津主税七段
聞き手:矢内理絵子女流四段
記録:井道千尋女流初段

土曜に放送された銀河戦
わー、また矢内だ ピンクの服で、髪の毛もウエーブをかけててすごいオシャレ 
NHK杯でもこんなかっこうで出てきたらいいのにね

森下は、飯島、屋敷、井上に勝ち3連勝中 もう決勝トーナメント進出を決めている
三浦は予選はシード 
22年度の成績は、森下17勝18敗 三浦は25勝26敗 2人の対戦成績は、7-7のイーブン

解説の阿久津「森下は居飛車党の本格派、矢倉が得意 攻めも守りも手厚い
 三浦は横歩取り、角換わりといった研究に裏打ちされる将棋が得意 詰みを読むのが速い」

先手森下で、▲7六歩△3四歩▲5八金右と進む 三浦はこの挑発には乗らず、居飛車にした
▲矢倉vs△矢倉模様の持久戦に進む

中盤、森下が歩を6枚持ち駒にする展開 普通、こんなに歩は持てないよ 
森下はしょっちゅう持ってる感じ(^^;
以下に勝負所をまとめてみました 


後手:三浦
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v金 ・v玉|二
|v歩v歩v角 ・ ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ 歩 歩v飛 銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・v金v歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ ・ 金 ・ 歩 歩|七
| ・ 角 銀 銀 ・ ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:森下
先手の持駒:桂 歩六 

▲4六歩 △4五飛
*飛車を切った三浦
▲同 歩 △1九角成
*この次の手、私も考えていた手だったんですけど、それで形勢は良くなるかというとわからなかったです
▲5九飛
*阿久津「△2九馬とされるのが厳しいので、それを防いだ手 しかし攻めに利いてるわけではないのでどうか」
△7三馬
*阿久津「次に△6七香があるから、それを防ぐ手だろう」
▲5七金
*阿久津の予想手が当たった
*この次の手が、本局のハイライトだった
△5五馬
*え? 馬を出る手があるのか! さっきまでは飛車が利いていたので、盲点の手だ
*阿久津「気がつかない手ですね! これで、△4五馬や△6五馬と歩を補充すれば後手が指せる」
▲5六金 △2二馬
*こんどはこっちに馬が引くのか 
*局後、矢内に「馬の大回転は見事でしたね」と言わせた構想だった
▲4四桂 △同 金 ▲同 歩 △4七銀
*この手が厳しく、以下は三浦が押し切った

こんな風に進み、三浦の快勝に終わりました △5五馬は頭がやわらかくないと指せないですね 
さすが三浦、という手でした  
Aブロックは3連勝の森下と、最終勝ち抜きの三浦が決勝トーナメント進出です