第19期 銀河戦
決勝トーナメント 1回戦 第1局
郷田真隆九段 vs 糸谷哲郎五段
対局日: 2011年6月1日
解説:森 ケイ二九段
聞き手:早水千紗女流二段
記録:渡辺弥生女流1級

土曜に放送された銀河戦 今回から決勝トーナメントだ 
今さらだけど、銀河戦の棋譜はここのアドレスで全局見れるのだ↓
http://www.igoshogi.net/

おお、いきなり糸谷の登場だ 怪物糸谷の早指しがまた見れるのか 楽しみだ
相手は実力者の郷田 相手にとって不足なし!

郷田は窪田、深浦に勝って決勝トーナメント進出
糸谷は遠山、富岡、広瀬、森けい二に勝って決勝トーナメント進出

23年度の成績は、郷田3勝2敗 糸谷4勝1敗 2人の対戦成績は糸谷の2-0
なんと、糸谷が連勝しているのか 

解説の森「郷田は純粋な居飛車党 矢倉などのがっちりした将棋が得意 薄い将棋は分が悪いみたい
 糸谷は郷田とまるで正反対で、急戦調が得意、早見え早指し、長考すると悪手を指すみたい(笑)」

先手郷田で、糸谷の一手損角換わりになった ▲早繰り銀vs△四間に飛車を振って受けるという図式

糸谷が先手の飛車のこびん、3六の地点に位を取り、やや模様が良さそうだが、どうするかというところ
35手目▲6八金寄まで 後手番↓

後手:糸谷
後手の持駒:角 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v銀v歩v歩v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 銀v歩v銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・v歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:郷田
先手の持駒:角 歩 

後手は何をしたものか、と思っていたら、7三の銀を△6二銀と引いて、次に△7三角の自陣角!
これが強烈に先手の飛車を睨み、糸谷が優位に立った 
この自陣角はマネしてみたいな~ 気持ちいいだろう
実戦は、と金ができ、糸谷圧倒的に有利か、と思われたが、郷田も粘る

糸谷に悪手があったが、直後に2枚のと金のうち、一枚をわざと捨てる、
という特殊な技を繰り出し、森をうならせた
聞き手の早水「悪手を指した後の対応力が糸谷はすごいですね」
悪手を指したあと、絶好手が指せるのだ この辺が才能だなあー

例によって、時間の使い方が自由奔放な糸谷を相手に、郷田はなんだかやりにくそう
手数が伸びて、戦いが長引いているが、糸谷は全然気にするようすもない

寄せに入った糸谷、2枚の桂の使い方がすばらしく、歩とのコンビネーションで
桂が生き物のように郷田陣に襲い掛かる 前も思ったけど、糸谷は桂という駒をものすごくうまく使うね
「桂使いの名手」と言えば中原だけど、あれは主に中盤戦かな?
糸谷は寄せのときの桂使いが抜群にうまいと思う

最後は実戦詰将棋さながら、11手詰めの即詰みに討ち取った 
135手目、▲8八桂までの局面 後手番 糸谷はここから11手詰みの即詰みを指した↓ 

後手:糸谷
後手の持駒:金 桂 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v玉 ・ ・ ・ ・ と|一
| ・ ・ 歩 ・v金v金 ・ ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・v銀 ・ ・ 歩 ・v銀 ・|四
| ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 ・ 銀 ・ ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 玉 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ 桂 ・ 銀 ・ ・ ・ ・ 飛|八
| 香v龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:郷田
先手の持駒:角二 金 桂 香 歩四 

142手で糸谷の勝ち すんげー こんなきれいな詰み、なかなかないぞ
森も「終盤が強いねえ」と賞賛していた ホント、長手数なんだけど精度が落ちないね

郷田としては、やはり△7三角と打たれて以降、流れが糸谷のほうへ行って、ペースを握れなかった
そもそも戦型を糸谷の得意の角換わりにしたのがどうだったか・・・
何しろ、これで郷田は糸谷に3連敗だからね もう糸谷の角換わりを拒否したほうがいいのでは(^^;

怪物糸谷、まずは郷田を食らって、ベスト8に進出! 糸谷、期待通りの将棋を見せてくれた