第19期 銀河戦
決勝トーナメント 1回戦 第4局
三浦弘行八段 vs 稲葉 陽五段
対局日: 2011年6月16日
解説:山崎隆之七段
聞き手:矢内理絵子女流四段
記録:井道千尋女流初段

また矢内と山崎のコンビか! 2本撮りしたのが丸分かりだ(^^;
矢内はサザエさんみたいな髪型、そして記録の井道さんも髪型に凝ってるな~ パイナップルみたいだ

23年度の成績は、稲葉5勝2敗 三浦4勝4敗 2人は初手合い

山崎「稲葉は攻め将棋、破壊力がある どんな大棋士に勝っても不思議ではない爆発力がある
 三浦は相手のクセ、特徴を捕らえて作戦をしっかり立ててくる」

先手稲葉で、ノーマルな角換わりになった まだまだ駒組みの段階かと思いきや、三浦が低い陣形から
いきなり仕掛け、ものすごい激しい戦いになった うわー おもしれー 
山崎「これは いや~ すごいね  初めて見ました」

相当強引な感じのする三浦の仕掛けに、稲葉は強気で対抗
山崎「稲葉が攻め合いを選んでいる 作戦を立ててきた三浦のほうが時間を使っている、不思議な光景」
稲葉の指し手、メチャクチャ早い ネット将棋と間違えてるんじゃないのか、と思えるほどだ

この将棋、今期の銀河戦全体を見渡しても、5本の指に入るほどの屈指の激戦になった
ところが! 私の体調がいかんせん良くなく、メモが取れないという状況に・・・
将棋を見る体力はあるんだけど、メモを取る体力まではない、というきわどい状況

稲葉が駒得なのでやや良しか、と思われたところからの、三浦の戦いながら自陣の整備をした手順、
これには山崎が何度も驚き、賞賛していた

三浦の攻めを、稲葉がスレスレで受ける発想も、すごく面白い 見ごたえ抜群だ
結果、三浦の攻めが切れ模様に、稲葉勝ちでようやく終わったか・・・と思ったところから、また大波乱!
稲葉、安全勝ちでなく、カッコいい攻め合い勝ちを選んだのだが、これが三浦の玉の早逃げの好手を
呼ぶことになった もうどっちが勝ちかわからない状況に!

最後は、指してみたら稲葉が残していた、という将棋だった 
先手玉はきわどく寄らず、121手で稲葉の勝ち
山崎「ホントに、激戦でした 激戦」

感想戦では、三浦が正しく攻めたなら、三浦が逆転できていた、ということを言っていた
いや~、稲葉、将棋が若いねえ 勝ちになってから、わざわざ切り合いを選ぶか 
危険すぎると思って見ていたら、やはり危険な順だったのか(^^;

糸谷の早指しはもう有名になったけど、稲葉も負けず劣らず早い! 思考が早いんだね
今回は4回、考慮時間を残して勝っていたんだから、大したものだ

本局、角換わりの名勝負だった 山崎も興奮気味だったね
相居飛車の戦型の中では、私は角換わりが一番好きだ 見ていて面白い