第19期 銀河戦
決勝トーナメント 1回戦 第8局
森下 卓九段 vs 戸辺 誠六段
対局日: 2011年6月30日
解説:中田宏樹八段
聞き手:斎田晴子女流五段
記録:渡辺弥生女流1級

森下は飯島、屋敷、井上に勝ち決勝トーナメント進出 
戸辺は真田、安用寺、豊川、康光、高橋に勝ち決勝トーナメント進出

23年度の成績は、森下3勝3敗 戸辺5勝7敗 2人は初手合い

解説のデビル「森下は居飛車の正統派、手厚い受けが特徴
 戸辺は振り飛車党、形にこだわらない乱戦が好き」

先手森下で、居飛車で超速▲3七銀vsゴキゲン中飛車+△3二金の形

森下の作戦、速攻かと思いきや、▲6六歩と角道を止めるやり方で、これが森下の工夫だった
この準急戦、とでもいうべき作戦が、森下の棋風と抜群の相性だった
後手の3四の歩を一歩をかすめとり、リードを拡大しようとする森下、なんとかふんばる戸辺
長手数の戦いになった

しかし、今日の私の体調の具合で、異様に眠かったことと、デビルの解説の声がひくいトーンで、
さらに眠気を誘う ぐあ、眠い・・・

終盤に入ってからも長く、どっちも疑問手を指していたと思う
森下は竜を取られてしまう、という、うっかり?の寄せ これ、読み筋か?(^^;
戸辺は王手の連続で30手も追いかけたが詰まず 151手で森下の勝ち

デビル「2転3転だった 戸辺にも勝ちの局面があった」
うーん、どうだったんだろう この将棋は・・・ 色々ありすぎてわけがわかんなかった
どっちが勝つか、最後はもうジャンケン状態だったね

局後のインタビュー
森下「序盤の作戦はまあまあ、中盤は優位に立ったんですけど、いや、終盤の乱れ方がひどすぎて、
 最後は詰まされはするし、詰めろをかけたつもりが詰めろではないし、
 終盤は運が良かったとしか言いようがないですね 
 (次は羽生が相手だが)今でも羽生さんが最強と思っている、ひさしぶりの対戦なので、
 コンディションを整えて全力で戦いたい」