谷川浩司九段vs畠山 鎮七段  NHK杯  2回戦
解説 内藤国雄

おおっ 今週の矢内、髪を後ろに全部、束ねているね 
紺のスーツで、あら、袖をヒジまでまくってる クールビズ? なんか変(^^;
解説は内藤さんか 対局者2人が関西所属だからね 
さあ、タニーの登場だ 強いところを見せてほしいが、どうか

畠山鎮(まもる)は、通称「ハタチン」 鎮の漢字が「チン」と読めるところから来ている
ちなみに、双子の兄のほうは、畠山成幸(なるゆき)、通称「ナルゴン」

ハタチンは竜王戦2組、順位戦B1、1回戦で森けい二に勝ち NHK杯は14回目の出場
タニーは竜王戦2組、順位戦A級、1回戦はシード NHK杯は32回目の出場
2人の対戦成績はハタチン1勝、タニー6勝

解説の内藤「ハタチンは奨励会の時から真面目、名前は鎮(まもる)だけど将棋は攻める
 タニーは攻め将棋で光速の寄せ、受けも独特の柔らかみがある
 激しい攻め合いになるだろう」

事前のインタビュー
ハタチン「谷川先生はスピード感のある将棋、自分もしっかりついていきたい
 谷川先生には、9年間、去年の秋まで研究会で教わっていた
 その時から自分はさらに強くなっているんで、力まずにそれが出せたらいい」
おおー、ハタチン、去年より強くなってます、とハッキリ宣言だ 
これはよほど自信がないと言えないセリフだ ハタチンの実力やいかに、見ものだ!

タニー「畠山七段とは10年近く研究会でいっしょだった、畠山七段は自分に対しても将棋に対しても
 いつも厳しい姿勢で臨んでいる (今日の意気込みは)ここのところNHK杯はあまり成績が
 良くないんですけど、力を出し切れるようにがんばりたい」

先手ハタチンで、▲居飛車vs△ゴキゲン中飛車、角交換の将棋になった
私は事前にタニーの後手番なんで、ゴキゲンにするんじゃないかな、と思っていたら、当たった

タニーは△7二玉+△7一銀+△6二金の形の囲い
3手で囲いを終わらせ、向かい飛車に回して2筋を逆襲する構想だ
内藤「△6二金は昔風の指し方、勝ちにくい形」

雑談で、内藤「私は若い頃は、誰と何勝何敗か、全部覚えてました 30代前半かなあ
 もう今は、若い人と盤に向き合ってね、『初めてやねえ』と言ったら、
 『いや、前に2回教えていただきました』 私が2回、負けているんです(笑)」

2筋から逆襲してきたタニーに対し、▲6七角と筋違い角を打っていきなり勝負をかけたハタチン
私の見るところ、この角はあまり良くない手のようだったが、タニーが△7四歩と突いたのを見て、
▲5六角、これが盲点の角上がりだったと思う 7四の歩が受けにくい 
これで形勢が互角に戻った 

タニーは一歩得するために△2三金としたが、金が離れてしまった これがどう影響するか
この後、内藤さんが再三にわたって、この金の処遇を心配することになった

この将棋、読みよりも、構想をどうするかの将棋になった
攻めるのか守るのか、どの駒をどう使うか、発想の勝負だ

押したり引いたり、ずっと形勢のわからない中盤が続いた
内藤「矢内さん、1年前の自分より強いですか」
矢内「そうだったらいいな、と(^^;」

81手目、ハタチン、もう考慮時間がなく30秒将棋、秒を読まれてギリギリで▲9四歩、
やる手がわからず、とりあえず9筋を伸ばしたのだが、これは好判断だったと思う
タニーは△8五銀と持ち駒を投入し、さらに△8四銀と出て守りの銀で香を取りに来た、
これがどうだったか

91手目、ハタチンの▲7五歩という角道を開ける軽手が出た!
内藤「これ、うまそうな手ですね うまい手に見えますね」
そして空いた7六の地点に、▲7六桂! これ、厳しい!! 

銀と桂香の交換になったけど、盤面左側を先手が一気に制圧できるかっこうになった 
金銀がまとまっている先手陣に比べ、後手のタニーのほうは駒がバラバラ
後手は2三の金も、3八の馬も全然働いてない 囲いも玉飛接近の最悪の形
内藤「100回言いますけど、2三に金を残しては勝てないんですよ」

▲7三銀という大技がかかり、一気に先手勝勢になってしまった あああー タニー・・・
▲8五桂の王手に、本譜は△8二玉と逃げたけど、△8四玉と上部に逃げたらどうだったんだろう、
と思って激指で調べると、△8四玉は▲6二馬から詰みがあるとのこと そうかあ

ハタチン、終盤の切れ味抜群で一気に寄せ、キレイに勝ちきった 115手でハタチンの勝ち
手数よりも、すごく長い勝負に感じた 22手目の△2四歩から、もう駒がぶつかっていたからだね
内藤「畠山にしてみれば会心譜、立派な将棋だった」

ハタチン、事前のインタビューの「去年の自分より強くなっている」宣言どおり、
見事な力を発揮!! いや~、これは普通はできるものではないよね
日頃、どれだけ勉強していればこういうことが言えるんだろう
ハタチンは42才、まだ強くなれるって証明したか いや~すごいよ パチパチパチ

一方、タニーは・・・ うーん・・・ 終盤の競り合いで完敗の一局
▲7五歩は、おそらく見えていなかったんだろう
銀2枚を使って9筋の香を取りにいった構想、どうだったのか
銀河戦でも島にボロ負けしていたタニー、「強いタニー」を最近見ていない印象・・・
ああー、タニー、後手じゃなくてタニーの先手だったら、ゴキゲンじゃなくて居飛車だったのになあ、と、
そこまでさかのぼって、残念がってしまうのだった(^^;

ともあれ、ハタチン、事前のインタビューの宣言どおり、強いところを見せたね これはお見事だった!