第19期 銀河戦
決勝トーナメント 2回戦 第2局
長沼 洋七段 vs 糸谷哲郎五段
対局日: 2011年7月15日
解説:佐藤康光銀河
聞き手:村田智穂女流二段
記録:井道千尋女流初段

糸谷は郷田に勝ち、長沼は木村に勝ってベスト8進出
23年度の成績は、糸谷7勝3敗 長沼4勝4敗 2人の対戦成績は糸谷の4-1

解説の康光「糸谷は独特の感性の持ち主、受けに強みを発揮する
 長沼も受けが強い棋風、昔は駒取り坊主と呼ばれた、寄せも鋭い、こちらも個性的」

個人的に楽しみなカードだ 
康光「長沼はNHK杯で羽生に勝つなど、大物食いの印象がある」

先手糸谷で、長沼は4手目△3三角戦法だ そこから長沼は向かい飛車に振り、角交換の将棋になった
後手から角交換したので、後手は2手損していることになる
しかし、居飛車穴熊に組まれるよりはいい、ということだろう
▲矢倉vs△高美濃で、5筋から局面が動いた

中盤、康光の解説、バシバシ当たる 聞いていて気持ちがいい
飛車角交換になり、先手が角2枚、後手が飛車2枚をどう使うか、という将棋 

今、58手目△5一飛までで、先手の糸谷の手番
ここで実に考えにくい手が出る 次の一手、当てれば思考回路が糸谷並み(^^;
(▲4二銀は△5二飛があるので指しにくい)

後手の持駒:歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v金 ・ 角 ・ ・v歩|三
|v歩 ・ ・v歩 ・v歩v歩v歩 ・|四
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 金 ・ 歩 歩 ・|六
| ・ 歩 銀 角 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 金 ・ ・v銀 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・v飛 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 


糸谷の手は、なんと▲4九歩! な、なにコレ?
ただでさえ、後手は△5七銀成としたかったところだ
康光「これは? パッと見、損な手に見えますけどね 独特ですね 
 言われなくても、後手は次に△5七銀成とするところですからね」 

が、しかし! この後、△5七銀成▲同金△同飛成▲3四角上と飛び出て、糸谷が攻勢になった
そして、この▲4九歩が、先手の右の桂香を取らせない防壁となって、
居るだけで意味のある駒となった 後手は竜で桂香を拾いたいのだが、それができない
こ、これはすげえー

さすがにこの▲4九歩は、激指にも発見は無理だろう、と思って激指定跡道場2の
検討モードで調べると・・・ 1秒で第一候補、▲4九歩と出やがった!!! げ、げえー(^^;

糸谷、角2枚の使い方がうまく、さらに終盤、長沼が疑問手を連発してしまったため、
糸谷の猛攻が決まり、快勝となってしまった 107手で糸谷の勝ち
考慮時間を7回も残しての勝ち いつもどおりの糸谷流の早指しが炸裂した一局だった 
康光「糸谷の攻防のバランスがすばらしかった 優勢になってからも安定していた」

あー、もっと接戦が見たかったのだが、残念! 
長沼さん、個人的に好きなので、応援していたんだけどね
ただ、終盤、もう形勢はダメだけど、△5二金上として、
一段飛車の横利きを通した手は見ごたえがあった

感想戦では、長沼さんがいっぱいしゃべってくれて、声がたくさん聞けたのでうれしかった
長沼「終盤、悪い手いっぱい指しちゃった」

局後のインタビュー
糸谷「ちょっと序盤で悪くしたかと思ったけど、切り返す手が見つかって、なんとか満足いく
 将棋になりました 早指しは得意なので、一局一局、がんばっていきたい」