第19期 銀河戦
決勝トーナメント 準決勝 第1局
糸谷哲郎五段vs羽生善冶三冠
対局日: 2011年7月15日
解説:松尾 歩七段
聞き手:久津知子女流初段
記録:井道千尋女流初段

今期銀河戦も、いよいよ準決勝だ
糸谷は郷田、長沼に勝って、羽生はアベケン、森下に勝っての準決勝進出

23年度の成績は、糸谷8勝3敗 羽生14勝8敗 2人の対戦成績は羽生の3-1
あら、糸谷、羽生に勝ったことがあったのね 
NHK杯では去年とおととし、2度連続、決勝がこの2人のカードだったのは記憶に新しいところだ

解説の松尾「糸谷は力将棋の居飛車党、独特の棋風で受けに特徴がある
 羽生は色々な戦型を指しこなす、どんな展開も苦にしない、攻めと受けのバランスがいい」

先手糸谷で、ノーマル角換わりの相腰掛け銀に進んだ 序盤、2人とも手が早い
松尾「指定局面戦のような感じですね」

さて、糸谷の趣向が出た 7筋の位を取る▲7五歩だ これで力戦に持ち込もうというのだろう
羽生が△6三銀と引いたところを狙って、糸谷が一気に攻めかかった
松尾「激しい、すぐ終盤になる将棋」

糸谷、▲5五角という意味のよくわからない角を打つ
松尾「八方にらみの角」 ・・・しかし、逆に、どこにも利いていない気もするが(^^;
この▲5五角が後手の△3七角で消されてしまい、3七に残ったのは後手のと金
松尾「先手がつらい ・・・いや、いい勝負か」

松尾、解説に苦労している それだけ形勢が難しいのだろう
聞き手の久津「これで一気に寄せると先手は気持ちがいいですね~」
久津さん、相変わらずの、のん気な発言 空気を和ませる人だ
松尾「私の頭では、まだわかっていない(^^;」

後手玉が寄るがどうかの勝負だ 後手玉、上部に逃げ出し、入玉できるかどうかのギリギリだ
松尾「寄りそうと言えば寄りそう、(攻めが)細いと言えば細い」

この最終盤に来て、一手指すほうが良く見える、ということはすごいことだ
どっちが勝ってるんだ・・・?? そして運命の80手目 
松尾「△4五同角は後手玉がトン死する ここでは△3七と、と指せば寄りがないので羽生の勝ちでは」
なるほど、△3七と、で羽生勝ちか よし、羽生、△3七とだ!

しかし、残った考慮時間を全部つぎこんで長考し、苦悶している羽生
松尾「あれ~? なかなか指しませんね? 意外ですね」
秒を読まれて、羽生が指した手は、なんと△4五同角!!
糸谷、即座に反応、羽生玉、詰んじゃった!! げえええ~ 羽生、痛恨の大トン死!!

・・・ところが? 松尾「久津さんの指摘がありました(^^; 
 後手玉は△3七と、としても詰みがあったんですね 後手はすでに必至でした」
そ、そうだったのか 羽生がトン死負けしたわけではなかったのか 必至だったのか!
いや見事な必至だったな、こりゃ・・・ 

83手で糸谷の勝ち、糸谷は4回考慮時間を残していた
松尾「糸谷のギリギリの寄せ、見事でした」

感想戦で、糸谷「攻めを失敗、予定変更した」とのこと
この勝ち方、必至図は、予定とは思えないもんね(笑) 

しかし、糸谷が、正しい後手側の受け方を指摘、羽生に「なるほど」と言わせていたのはすごい
まぐれ勝ちでは決してない、実力があってこそ、という証明だった 
この一局では、手の見え方が松尾<羽生<糸谷、だった 

最後、必至だったことについて、羽生「いや~ 作ったような必至だな~」
運も少々糸谷に味方したか(^^; スリリングな将棋で、面白かった

局後のインタビュー
糸谷「序盤、やってみたかった形 攻めでミスして、負けだと思ったんですけど、
 最後、いい形の作ったような必至で、なんとか救われた
 決勝は、早指し棋戦では準優勝が続いたので、3度目の正直でがんばりたい」