2011.09.25 アマ名人戦
アマ名人戦の決勝が放送された 両者とも、元奨励会の三段どうしとのことで、
楽しめるかなと思ったが、面白かった
序盤、相振りになり、加来さん(かくさんの、「く」の字がうまく変換できない(^^;)が
居玉で趣向を凝らして▲7四歩と攻めた局面 
十字飛車を狙っての手だったが、これが指しすぎだったようだ

後手:今泉さん
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v桂v銀 ・ ・v金 ・v桂v香|一
|v香v玉v金 ・v飛 ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ 角 銀 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
先手:加来さん

▲7四歩 △同 歩 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8三金
▲8八飛 △8四歩 ▲7六銀 △7三桂 ▲7八金 △7二銀
▲6七金 △6四銀 ▲8六角 △8五歩 ▲9七角 △8四金

今泉さん、陣形が乱れることにかまわず対応、こう進んで見ると、
先手の攻め駒が押さえ込まれてしまった
以下、今泉さんが手厚い指しまわしと、攻め合いも見せて、押し切った一局だった

途中、今泉さんが大優勢、これを万一負けたら、一生後悔するだろうな~と思いながら見ていた
今泉さんの手つきからも「もう絶対負けられない」というのが伝わってきた 
今泉さん、受けるばかりでなく、△5五桂から強く攻め合いの判断をしたのがお見事!
解説の森内ですら△5五桂は見えてなかった

プロは、プロというだけで名誉があるし、負けてもまたチャンスがある
アマチュアは、活躍しないと、何もないただの人だ
このチャンスを逃したらもう一生チャンスがないかも、と思っているので、
その緊張感がすごい アマの純粋に「優勝したい」という気持ちが伝わってきて、面白かった