先日、24で観戦していて、面白かった一局を紹介
後手の作戦が面白いです 私はこれを真似て工夫してみようと思ってます
これくらいの質の将棋が、ごく普通に早指しでバンバン指されている、というのが、
やはり24はレベルが高いと思わされます

棋戦:レーティング対局室(早指し2)
先手:六段
後手:六段

▲7六歩
*24の六段どうしの対戦 後手の作戦に注目
△7四歩
*マウスミス? いや、これが後手の作戦なのだ
▲5六歩 △7二飛
*袖飛車! 棋譜を調べたら、この人の得意戦法だった
▲7八飛
*中飛車にせず、警戒して受けた
△6二銀 ▲6八銀 △4二玉 ▲5七銀
*駒組みが続く
△7三銀 ▲4八玉 △3二玉 ▲3八玉
*まだ駒組み
△6四銀 ▲2八玉
*玉を寄っておく ▲2八玉まで来ることが出来るのが振り飛車の特権だ 後手は角が邪魔で、現状では△3二玉が限界だからね
△5四歩
*この歩、▲5五角の飛び出しを警戒した手
*ここで、もし▲6六銀と7筋の攻めに備えれば、後手の人は△3四歩~△3三角で、悠々と穴熊にする作戦を得意としていた
▲3八銀
*美濃を完成させたが、後手の攻めを誘発した強気な手
△7五歩
*仕掛けた! もう▲5五角がないからね
▲同 歩 △同 銀
*どうなってる? もう先手ピンチなのか? 普通と違って、後手は角道を開けていないので、先手は角がさばけないぞ
*後手陣の急所はどこだろう?
▲5五歩
*後手陣の急所はここだね!
△7六銀
*袖飛車で棒銀!
▲5四歩
*この取り込みも大きいが、先手の飛車と角はさばけるのか?
△7七歩
*痛い!?
▲同 桂
*この手では、▲同飛または▲同角と強く取る手で、先手が+650ほどで有望との激指定跡道場2の見解
△6七銀成
*あらー 飛車銀両取り! 後手優勢か?
*先手どうする?
▲5三歩成
*両取り逃げるべからず! これが正解だろう
*どっちが有利なんだ? 激指はここでは、+450ほどで先手が有利と判断 玉のそばの、と金は大きいということか
△5七成銀 ▲6二歩
*激指によれば、すぐに▲6五桂も有力ということだ
△5一金右 ▲6五桂
*形勢は+330でわずかに先手有利
△7八飛成 ▲同 金 △5二歩
*先手からの▲5二歩を防いだ手
▲8二飛
*激指はここでは▲5八歩もあったとのこと 
△6九飛
*次に△4八成銀を狙っている 先手はどうする? 何か受けるか?
▲8一飛成
*攻めるは守るなり、の攻防の手
*ここで、後手は△4八成銀と攻めたいのだが、先手が銀を持てば後手玉は▲4四桂から詰んでしまう さすが六段!
△3四歩
*で、いよいよ角道を開けた
*後手、苦しいながらも実戦的な勝負手だ
▲5五桂
*また攻防 やっぱ六段は強いな~
△2四歩
*逃げ道を開けて、活路を求めた
▲7九金
*うおっ こんな手が!
△6五飛成 ▲4三桂成 △2三玉 ▲2二角成 △同 玉
*ここ先手の手番ということが大きい
▲5二と
*どっちが攻め勝っているか
△4八銀 ▲4一と
*後手陣は壊滅 先手はまだ美濃が固い 玉が一路遠いというのは、すんごくデカイ
△4九銀成 ▲同 銀
*先手陣は、まだ再構築できるんだよね
△6四角 ▲5五歩
*冷静な受け
△同 角 ▲4六銀 △4七成銀
*ここで▲5一竜は△3六桂で、先手怖い
▲5五銀 △同 龍
*ここで、先手に決め手が出た 持ち駒に角が2枚あるから・・・
▲7七角
*決め手!
△6六桂 ▲同 角 △同 龍 ▲4四角
*合駒をしては、もう先手陣に寄りつきがなく、後手勝ち目がない
△1二玉 ▲6六角
*あー、決まった 先手勝勢だ
△4八歩
*あとは、華麗な詰みを見せてくれた
▲3二飛
*以下は詰み △2三玉には▲3三成桂で詰む
△2二銀打 ▲同角成 △同 銀 ▲同飛成 △同 玉 ▲3一銀
△2三玉 ▲1五桂 △1四玉 ▲2三銀 △2五玉 ▲2六金
*いや、お見事!
*後手の袖飛車+角道開けず保留作戦を受けて立ち、見事に粉砕した
*▲3八銀として、後手の攻めを誘った判断が良かったのだろう さすが六段どうしの一戦だった
*考慮時間の総計は、先手8分18秒、後手10分27秒だった スピーディな将棋で観戦していてすごく面白かった一局
まで79手で先手の勝ち