第20期 銀河戦
本戦Fブロック 1回戦
滝 誠一郎七段 vs 甲斐智美女流王位
対局日: 2011年9月2日
解説:小林 宏七段
聞き手:貞升 南女流1級
記録:野田澤彩乃女流1級

先週の土曜に放送された一局
滝は予選で、なんと行方に勝ち 甲斐は女流枠で出場
23年度の成績は、滝1勝3敗 甲斐8勝10敗

解説の小林宏「滝は棋界の中でも大ベテラン、基本は居飛車党、相手を見て作戦を練ってくる
 甲斐は以前は居飛車党だったが、振り飛車党になってから活躍している
 女流王位戦では、清水挑戦者を相手に○○●●○で防衛した」

さあー、この一局、楽しみだ 先日の上田女王は、熱戦とはいえ、相穴熊戦だったからね
相穴は見ていて疲れた、今回は戦型は何かな~、と思っていたら!
滝の居飛車、甲斐5筋位取りのゴキゲンで、そこからなんと相穴に~ うえええええー 
これで今期銀河戦、全6局中、3局が相穴!! ぐええー

この一局、実に長く感じ、見るのに2日かかった・・・

序盤、細かい駆け引き、
小林宏「まだまだ先は長そうですね 難しいと思います」
小林宏「甲斐は感情が表に出ない フワーとしている」

中盤も細かいやりとり、妥協できない
小林宏「振り飛車指しやすい」
小林宏「まだまだ難しい 駒の損得なし」
うわー、盤上、右側で駒の交換しただけで、左側はまだ全くの手付かずやで、それも双方ガッチガチ

終盤、例によって、相穴らしい、いつになったら終局するかわからない展開
小林宏「まだまだ長そうですね(^^;」
あと、どんだけかかるねーん

ようやく解説の手がそのまま当たりだし、
小林宏「甲斐、チャンス」
おお、甲斐さん、いっけー そのまま押し切れ! 自陣は鉄壁、攻めさえ間違わなければ、行ける!

で、ようやく甲斐の勝ち 114手だけど、なんか3局分くらいあった感じ・・・
小林宏「甲斐が秒読みでも非常に落ち着いていた」
滝「参りました」 

滝さんも参っただろうけど、見ていた私も参った もう相穴は勘弁願いたいorz