第20期 銀河戦
本戦Dブロック 2回戦
岡崎 洋六段 vs 野田敬三六段
対局日: 2011年9月14日
解説:室岡克彦七段
聞き手:安食総子女流初段
記録:井道千尋女流初段

土曜に放送された銀河戦 もう日付が変わって水曜になってしまった
岡崎vs野田、解説に室岡 しぶ~、しぶい 超マニア好み(^^;

岡崎は予選でヒフミンに勝ち 野田は前局で前田に勝ち
23年度の成績は、岡崎4勝8敗 野田2勝5敗 

解説の室岡「岡崎は居飛車党で妥協しない攻め将棋 野田は居、振り、両方指す力戦の棋風」

先手岡崎で、▲居飛車急戦模様vs△向かい飛車+木村美濃という、アマチュアっぽい戦型

岡崎は棒銀を見せたが、あきらめて5筋位取りに作戦を変更 室岡はそれに対応
番組開始30分してもまだ駒がぶつからないという、眠い展開

が! この将棋、終盤、すごい大熱戦になった 
▲岡崎の小駒ばかりの成駒4枚の攻めvs△野田の盤上の大駒4枚の攻め
という、見たこともない終盤だ
野田のほう、大駒4枚で、手が広く扱いにくかったと思うが、実にうまく使った

これ、延々秒読みのところ、両者とも、よくもまあ集中力が続くものだ
双方、最善ではない手も多かっただろうが、好手と思える手も随所に見せた
野田が力強い玉上がりの受け、眠っていた飛車角の活用などの見事な指しまわしで、
勝ちに持っていった
130手で野田の勝ち 大熱戦だった すごかった! 野田、強し

先日のNHK杯の▲阿久津vs△村山が拙戦だったのに比べ、
こちらは大熱戦で将棋の醍醐味が味わえた
こっちを見た人は少ないだろうな~(^^; 面白い一局だった