第20期 銀河戦
本戦Eブロック 2回戦
西尾 明六段 vs 吉田正和四段
対局日: 2011年9月13日
解説:村山慈明五段
聞き手:野田澤彩乃女流1級
記録:井道千尋女流初段

23年度の成績は、西尾15勝15敗 吉田7勝8敗
西尾は予選で中村亮介に勝ち 吉田は前局で上田女流に勝ち

解説の村山「西尾は居飛車党の本格派 横歩取りのような空中戦を得意とする
 吉田は受けの棋風のオールラウンダー」

先手西尾で、▲イビアナvs△ノーマル四間+高美濃 になった

村山「吉田は後手番ではノーマル四間をよく指している」
私の記憶では、たしか、朝日オープンでプロを3回くらい負かしたときもノーマル四間だったように思う

▲西尾の攻めvs△吉田の受けという展開で、中盤が進む
村山「後手側は受けに自信がないと指しこなせないですね」

どんどん受けまくる吉田、よく受けるな~ 
まだまだ受ける吉田 がんばるな~
どうやら受け止められそうか 吉田、さすがだな~ しかしまだ先は長そう 
というか、これ、いつまで続くの めっちゃ眠いんですけど
まだ受けてる吉田 すっごく後手玉、固くなってきてる ううう眠い ZZZ・・・ 

結果、184手で吉田の勝ち なげーーーよ 長い あーよく寝た(^^;