第20期 銀河戦
本戦Hブロック 2回戦
佐藤慎一四段 vs 上野裕和五段
対局日: 2011年9月17日
解説:松本佳介六段
聞き手:甲斐智美女流王位
記録:伊藤明日香女流初段

上野は前局で樋田(ひだ)アマに勝ち 佐藤慎一は予選で塚田に勝ち
23年度の成績は、上野5勝6敗 慎一7勝7敗

解説の松本「上野は居飛車党の作戦家、色々な戦法を指す 
 慎一も居飛車党で、棋風は上野に似ている」

先手上野で、▲イビアナvs△ノーマル三間飛車+高美濃になった

松本「慎一の三間とは、意表を突かれました これは△5三銀~△6四銀のコーヤン流 
 コーヤン流のイビアナ対策は、イビアナに組ませてしまって戦う きれいな美濃で勝つと、かっこいい」

しかし、先手のイビアナは金銀4枚でめちゃめちゃ固そう これ、後手が勝つのは大変そう~、
とずっと思って見ていた 

慎一、9筋の端攻めでひたすら攻める もう端しか弱点はないよね
松本「慎一の手は、振り飛車らしくない 居飛車党がやる振り飛車みたい(笑)」
歩をぶつけて駒を前に進めりゃ、なんとかなるだろう、という攻めだね

どっちが勝ってるか、ずっと際どかったが、後手が寄せきり、100手で慎一の勝ちとなった
あー、この金銀4枚のイビアナに、三間飛車で勝てるものなのか 結局は、振り飛車が負けると思ってた
松本「2転3転していたと思う」

感想戦をやると、やはり形勢が2転3転していたことが判明 難しかったね

この一局、見ていた人は分かるだろうけど、松本の解説がすごくクセがあるんだよね
語尾が投げやり口調で、ヘラヘラ笑いながら解説しているから、聞いていてイライラしたよ
もうー、この解説者は勘弁願いたい