第20期 銀河戦
本戦Dブロック 4回戦
糸谷哲郎五段 vs 永瀬拓矢四段
対局日: 2011年10月26日
解説:瀬川晶司四段
聞き手:高群佐知子女流三段
記録:井道千尋女流初段

遅くなってしまったが、土曜に放送された銀河戦 注目の糸谷登場だ

23年度の成績は、糸谷18勝9敗 永瀬22勝10敗 
解説の瀬川「糸谷は前期銀河戦準優勝 居飛車党でよく研究していて早見え早指し
 永瀬は私と同門の弟弟子 受けが強くてしぶとい
 2人とも勝率の高い有望な若手 才能のぶつかりあいになると思う」

先手糸谷で、序盤、めっちゃスピードが速い! お互いにノータイムで指していく
ネット将棋みたい(^^; 後手永瀬のゴキゲンに糸谷が▲3七銀急戦でいく、流行形になった

この一局、さすがに有望な若手どうし、ハイレベルな戦いになった
解説の瀬川が考えつかない手を指す糸谷、それを強気で受けてたつ永瀬
互角のねじり合いだ 瀬川の形勢判断も揺れる 
瀬川「互いに容易に崩れませんね」 
終局までそのハイレベルなねじり合いがずっと続いた 
最後は糸谷がピッタリの17手詰みに討ち取って、145手で勝ち
レベル、たかっ!

145手という長手数のわりに、収録時間がたっぷり余っている これが糸谷の将棋だね
感想戦、ハイレベルすぎてついていけなかった(^^;
さすが、糸谷も永瀬も双方、強い! 頭の回転がとんでもなく速いのだろう

ネットの24で、ボンクラーズがバンバン指しているのはご存知のとおりだ
この糸谷vs永瀬の一局くらいのハイレベルな対局をいつも見せてくれるのだったら、
これからもプロの将棋を見る気がすると思う 
見る価値がある将棋かどうか、プロ棋士の対局の内容が厳しく問われる、
新しい時代に入ったと、最近強く感じている