ひさしぶりに、自戦記を一局 さっき指した対局です
相掛かりから、切り合いの終盤になりました
kifu for windowsに貼り付けると見れます
コピペが下にずーと長いけど、手数はそんなに長くないです

棋戦:レーティング対局室(早指2)
先手:Gizumo
後手:R1564の人

▲2六歩
*24の「早指し2」での対局
*私は先手 初手▲2六歩も、最近見直している
*2手目△3二飛を封じている意味がある 
△8四歩
*相掛かりになった一局 相手も居飛車だった 相掛かりを希望、のようだ
▲2五歩
*望むところだ!
△8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛
△2三歩 ▲2六飛
*浮き飛車にした
△7二銀 ▲1六歩
*この手では、先手の手は色々あるところだ
△1四歩
*受けてきた 後手が1筋を受けないと、▲1五歩と位を取り~後に▲1三歩の垂らし~▲2五桂、の攻め筋が生じる
▲3八銀 △6四歩 ▲3六歩 △8六歩
*この瞬間、飛車の横利きが止まったので、後手も歩交換
▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛
*あれ? ▲3五歩が突ける それを行っていいものかどうか ▲3五歩だと、△1三角▲3六飛△8五飛で、大乱戦もあるぞ・・・
▲3五歩
*やや危険だったようだ まだ銀が3八で、応援が利かないからね
△6三銀
*あー、まあでも後手も怖いので、無難に進めたか
▲3七銀
*後手が△3四歩と突けなくなったので、精神的にこちらの技あり、というところか
△5四銀 ▲5八玉 △8五飛
*あー、やっぱ、狙ってきたか
*▲3六銀か▲4六銀か、迷うなあ 
*▲3六銀の場合を分岐します
▲4六銀
*まあ、本譜は普通に▲4六銀と上がった 
△7二金
*この後、しばらく駒組み
▲3八金 △5二玉 ▲3七桂 △4二銀 ▲6八銀 △7四歩
▲7六歩 △7三桂
*さあ、困った 仕掛けたいが、どう動いたものか こう着状態だ
▲9六歩 △9四歩
*困った(^^; 激指の形勢判断は+300くらい
*そして、お勧めは、▲5六歩!そして次に▲5五歩だった そうかあ 普通はそんな手考えにくい手だ 全く思いつかなかった
▲7七銀
*うう、こんな手しか指せなかった 次に▲8六銀の意味
△8一飛
*先に引いたか これで▲8六銀はアホらしい・・・
▲6八銀
*おいおい、これで次に△8五飛なら、千日手模様(^^;
△6五歩
*あ、手を変えてくれた 助かった
*うーん、もう待つ手もなさそう いけっ!
▲1五歩 △同 歩 ▲1四歩 △同 香
*うむ、こうやって香を吊り上げておく あとはガンガン攻めて、なんとかなるだろう
*もし、持ち駒に一歩あれば、▲2四歩で十字飛車が決まるんだけどね
▲4五銀
*さあ、後手はどうする?
△1三角
*ほ~、そんな対応があるのか!
▲5四銀 △同 歩
*5三の地点に穴を開け、まずまずだ しかし、ここからどうするか
▲3四歩
*この手、あんまりだったようだ
*激指のお勧めは、この手ではなくじっと▲3六飛、だった それで+250くらいで先手有望、とのこと
△3五角
*出て来たか!見えていなかった手だ ここで次の手、▲3三歩成も有力だったが、実戦の最中は飛車を逃げることしか考えつかなかった
▲3六飛 △3四歩
*うーん、歩切れだ どうしよう? 攻め、失敗?
*▲1一角成りはもう考えないほうがいい △3三桂で、不利になる
▲4六銀
*これくらいしかない 激指は▲2五銀もある、とのこと
*ここではまだ形勢は難しいとのこと
*
*ちなみに、次の手のお勧めは△4四銀と打つ手だそうだ
*難しい手だなあ 
△4四角
*お、これは!
▲同 角 △同 歩 ▲3四飛
*よっしゃー、十字飛車の攻めが決まった!?
△3三桂 ▲1四飛
*香が取れた 事前に吊り上げていた効果だね
*+800くらいで先手有利、との激指の評価
△3六歩
*うっ!? こう打たれてみると、まだ難しい?
▲3四歩
*斬り合いになった 間違えなければ勝てると思って指していた
△3七歩成 ▲3三歩成 △3八と ▲3二と
*これで、こちらに詰みなし、相手は受けなしだから、勝ちだろう・・・
△4九角 ▲6九玉 △5八金
*苦し紛れの王手か? きっとそうだ
▲7九玉 △6九銀
*これ、まだこっち、詰めろではないよな? 手番が来た!
▲4二と △同 玉 ▲1二飛成
*これで、詰む? いや、まだ詰みは読めない
*詰めろをかけておいて勝ちだろう、きっとね
△3二歩
*詰みが読めない 
▲6四角
*桂馬の合駒を使わせておくか この角は、受けにも利くかもしれないしね
△5三桂
*うーーーん、後手玉、詰むかもしれないんだけど、詰みが読めない まあ、こっちが詰まないから、後手玉に詰めろをかけておいて勝ちだろう
*
*しかし、ここでは後手玉に詰みがあったのだった!
*分岐します
▲3六香
*これで、勝っていると思っていた
*△5二玉と、早逃げするしかないだろう、と思っていたら・・・
△7八銀成
*え? 詰ませにきた? でも詰まないよね?
▲同 玉 △6八金 ▲同 玉
*△5九銀▲7八玉で、全然詰まないね
△6七角成
*げえええ そんな手が!!
▲同 玉 △8七飛成
*わああ もう、修正が利かない どうなってるのか?
*合駒、何がいいのか?
▲7七銀
*迷ったときは銀合い、という格言を聞いたことがあるので、銀を合駒した
*
*とりあえず6六に利かせないと、△7八銀▲5六玉のとき、△6六金ですぐ詰むのだった
*
*次の後手の一手が、本局の明暗を分けた!
△6六金
*この手が敗着! △7八銀、または△5八銀で詰みがあった、とのこと 
*その変化は89手目で分岐しています
▲6八玉
*先手玉、もう後手の、なすがままだが・・・
△6七銀 ▲5九玉 △5八銀成 ▲同 玉 △7八龍 ▲6八桂
△6七金 ▲5九玉
*の、逃れた! 助かったーーー
△8九龍 ▲6九銀 △同 龍 ▲同 玉
*ここで後手は投了 ギリギリ勝ちの一局だった
*超あぶない将棋だった(^^;
*先手は80手目の局面で詰みを逃し、そして後手は89手目の局面で詰みを逃す、という結末
*やはり、お互いにまだまだ甘いね
*将棋はキッチリ読んで、詰まさないとダメだ、という一局でした
まで103手で先手の勝ち

変化:90手
△7八銀
*以下、▲5六玉△7六竜▲同銀△6六金までで詰んでいる そんなに難しくない詰みだ
*
*仮に、一手前に▲7七金合でも、△6六歩とすれば以下、長いながら、上から押していって、先手玉は詰んでいた、とのこと あちゃーー

変化:81手
▲3四桂
*この王手で詰んでいたのだった △4三玉のときがわからなかったのだけど、それは▲2三竜ですぐ詰み、との激指の指摘 そうだったかorz
△5二玉 ▲3二龍 △6三玉 ▲5三角成
*この詰みも、なかなか30秒じゃ読みきれない
*詰め将棋をやらないとダメだね
△同 玉 ▲4二龍 △6三玉 ▲5三金 △6四玉 ▲5六桂
*これで、詰んでいたのだった 
*(80手目に戻る)

変化:29手
▲3六銀
*これで、次に▲2五銀~▲2四歩の突破を狙うと、どうなるのか?
△3四歩
*なんと、こんな手がある、との激指の指摘!
▲同 歩 △4四角
*こう進んだとき、後手の狙いは?
▲2八飛
*逃げるしかないけど・・・
△8六歩
*わあー 十字飛車、決まっちゃった 投了級だ
*こんな変化もあったんだね 相掛かり、怖い!
*(28手目に戻る)