阿部光瑠 四段vs牧野光則 四段   NHK杯 1回戦
解説 中村修

今日は、新人2人の対戦かあ フレッシュでいいね
あべこうる(以下、光瑠)と、まきのみつのり、だ
って、なんだ、この牧野の頭は? すんごいことになってる 理科室で実験していて失敗したのか?
髪の毛が爆発してる これはファッションなのか?
連盟のHPの写真と全然違う~ 同一人物だよな~、これ?(笑)↓
http://www.shogi.or.jp/player/kishi/makino.html

光瑠は中村修九段門下、2011年四段昇段、竜王戦6組 順位戦C2 現在17才 若いな~ 
予選で、中座、田村、戸辺に勝ち NHK杯本戦は初出場

爆発頭は、もとい、牧野は、故・木下晃七段門下 2010年四段昇段、竜王戦6組 順位戦C2 
現在23才 総合成績優秀により、予選免除 NHK杯本戦は2回目の出場

解説の中村修「光瑠は、早指しを中心に活躍し、抜群と言える成績
 これからどれくらい勝つのか NHK杯の予選でも、勝つのが大変と思える相手たちに3連勝
 青森出身で(青森の弘前)、津軽弁 人と指すよりも、ネットで実力を上げてきた 
 牧野も成績優秀者で出てきたというのは大変なこと 王位リーグに入ったりしている
 これからすごく楽しみな若手、見た目も個性的 両者ともに居飛車党」

事前のインタビュー 
光瑠「NHK杯に出ることは自分にとって、ひとつの目標だったので、すごいうれしい
 一局一局、自分らしくがんばりたい」

牧野「光瑠の印象は、何でも指す人なので、戦型予想は難しい いつもどおり全力でやりたい」

雑談で、中村修「弟子の光瑠とは、一局も指したことがない(^^;
 彼は奨励会で、先手なのに一手損角換わりをやっていた
 将棋を覚えて2年くらいで、青森では自分より強い人がいなくなってしまった、というくらい
 三段リーグは2年(4期)で抜けた、昨年度は森内に勝ち、羽生、渡辺とも指した」

先手光瑠で、先手の角交換四間飛車だ 
そこから、▲向かい飛車+美濃囲いvs△居飛車の矢倉モドキ囲いになってる
中村修「角交換振り飛車は、藤井がよく指している」
光瑠、先手なのに、後手番の作戦をやっているね 手損なんて気にしない、ということか

牧野が△3五歩と位を取るなどして、玉側に手をかけている間に、
光瑠が機敏に左辺から仕掛けた 牧野、対応が遅れたと中村修の解説

△7三歩と、一方的に歩を使わされてしまった牧野
中村修「後手が少し損した序盤」 
光瑠、中村修が解説したとおりにビシビシ指していく  
▲5六金、とグイッと出た手に、中村修は感心、「いや力強いですね~!」
飛車の位置を細かく動かし、牧野に攻めるスキを与えない おー、強い強い

牧野は馬を作ってクリンチに出た 先手は歩得をして、後手の駒を押さえ込みにいく 
光瑠、常に一手先に受けている 大山名人ばりだ すごい17才だ
中村修「光瑠のNHK杯予選の棋譜を見たが、優勢になってからも安定して、危なげない勝ち方だった」

このまま押さえ込んで、牧野に何もさせずに光瑠が勝つのか、と思われたが、
角で飛車を取り、攻め合いに出た 結果的にだが、この判断がどうだったのか
後手の飛車は動けなかったので、取らずに上から押さえ込みにいくという手段もあったのだが・・・

互いに飛車を打ち込んでの攻め合いだが、なかなか先手に決め手が出ない 思ったよりも難しいようだ
先手の駒、左側に銀桂が遊んでいるので、そんなに有利ではないのだろう
中村修「後手が苦しいかと思えたが、熱戦に見えてきた」

光瑠が押し切るかと思われたのに、牧野は良く粘ってるなあ、と思われたそのときだった
牧野、強烈な一撃が出た 銀のタダ捨ての王手、△3九銀! おおおおお 
これは、取れば竜を突っ込んでまた王手、先手が何か受けたら、そこで自陣に手を戻せばいいわけか!
中村修「なるほど~ これはいい手ですね 驚いたですね~!」
解説の中村修も、矢内も絶賛の一手! この手を境に、流れは牧野に傾いた 
おお~、魅せるね いいぞいいぞ

△3九銀を取らずに、よろけて玉を端に逃がした光瑠
中村修「逆転したかもしれませんね」
もう考慮時間もなくなり、両者30秒将棋 ハラハラの終盤だ 面白い

流れは牧野に傾いた、はず、なのだが、今度は光瑠が決め手を与えない 
△3九銀なんていう手が入ったら、ガタガタッと崩れそうなものだが、
この17才は違う、落ち着いてる! 延々続く、2人のねじり合い すごいすごい
中村修「いや~ どっちが勝ってるか、わかりません いい勝負」

画面に2人の顔が映し出される 不敵にちょっと笑っているような、楽しそうな顔で指している光瑠
対して、牧野の表情は、って、爆発頭のせいで、表情が何もわからない(^^;

両者、自陣を固めだし、実力伯仲、これはまだ、延々続いて、終わりが見えないか、と思われたが、
2人の呼吸が一致したのか、互いに斬り合っていった! おおー さすが若いね 楽しい楽しい

こうなったら、もはや指運か
牧野、先手陣を一気に攻略にいったが、一気の寄せは・・・ なかった!
駒損して、もう引き返せない状態 あうう、ダメだ、そろそろ投了もいたしかたなしか

だが、牧野、秒を9まで読まれて△1七銀、と放り込む最後の勝負手を放った!
おおおー 焦点の銀捨て! 中村修「王で取るか? 桂で取るか?」
うおー、もう自分だったらパニクってる(^^;
光瑠、どうするか、って、落ち着いて正解手で対応か すごいー 17才とは思えない落ち着きっぷりだ 

牧野、かなり最後のほうまで指した 大熱戦だったもん、投げきれないよね
167手、力を出し合った一局は、光瑠の辛勝となった 
いや~、熱戦だった 1回戦でこれくらい見せてくれたらいいね 
さすが、成績優秀な若手どうしの一局だった!

中村修「光瑠の押さえ込みだったが、牧野がうまく手を作った 
 終盤、逆転したようだったが・・・ 非常に面白い将棋だった」
解説の中村さんが何回も声を上げて驚く場面があり、番組として盛り上がって、楽しく見れた
終盤、力を出し合い、早指しTV将棋の醍醐味が出ていた一局だったと思う 良かったよ

光瑠、24での点数は3100点くらい、と、先日の将棋ステーションで言っていたっけ 
やはり強いね 牧野も、劣勢と思われてから良く粘って、逆転模様までもっていったね
読みよりも、手の見え方、発想が問われた一局、両者が才能を見せてくれた

さて、来週は・・・ おお、豊島か 相手は、佐藤紳哉! あー、カツラだ ハハハ
紳哉くん、ズラを取って見せてくれるのかな? 来週も楽しみだ(^^)

訂正・中村修さんは、光瑠は三段リーグを2期目で上がった、と番組内で言っていましたが、
   調べたら、正しくは4期目でした

変更・あべこうるのニックネーム、無難に光瑠ということにしました 
 そのまんま、シンプルでいいと思います 変換で出ないので辞書登録しました(^^;