2012.04.18 脳トレ5手詰
脳トレ5手詰
北浜健介七段著 日本将棋連盟発行 1200円+税 2012年3月初版発行
評価B 難易度★★★ 
コンセプト<基本問題100問、実力問題50問からなる詰将棋集>

基本問題は1ページにつき2問、実力問題は1ページ1問の形式です
問題のうち、だいたい90パーセントほどは実戦型といっていいです 
ただ、玉が4段目に出てくる問題もしばしば
実力問題の最後のほうは、アクロバティックな問題もあります
実力問題の下にはヒントがありますが、ほとんど役に立たないヒントです(笑)

脳トレ7手詰が簡単だったのに対し(最後の5問ほどは除く)、
本書は考え込む問題も多数ありました 5分以上考え込む問題もしょっちゅうでした
これ、5手詰だから、やろうと思ったけど、7手詰だったら途中で挫折していたかもしれません
私は詰将棋が苦手なもので・・・

「3手詰ハンドブックが終わったから、次は脳トレ5手詰をやろう」というのはおススメできません!
難易度が違いすぎます(^^; 
1つの問題の中での解答の変化で、3手詰が3つくらい入っている問題も普通にありましたのでね 

147問目だけは、投げ出しました 
桂があちこちに4枚も配置されている問題図、こればっかりは解く気になれませんでした
逆に言えば、他の問題は全部考えて解こうとしました 5問くらい間違えたかな

標準的な5手詰か、それより少し難易度が高め、の問題150問というところです