土曜の放送の銀河戦、北浜vs土佐の一局は、相穴熊になったので、
スルーしました(^^; 代わりに私の自戦記を一局載せておきます
下にずいぶん長いですけど、手数はそんなに長くないです
ドラッグしてコピーして、kifu for windowsに貼り付けて見てください


開始日時:2012/04/23 17:22:59
棋戦:レーティング対局室(早指し2)
先手:1598点の人
後手:私

▲7六歩
*セカンドハンドルネームで対局した一局
*こっちのHNは、主に、振り飛車用に使っている
*棋力は初段をうろうろしてる
△3四歩
*私は後手 振り飛車を指したいのだ 居飛車で来てくれないかなあ 
▲6六歩
*あー なんか、相手が振り飛車っぽいね
△6二銀
*しょうがない、相振りは全然弱いので、居飛車の作戦でいこう
▲6八飛 △6四歩
*対振り飛車の作戦へ移行
▲4八玉 △6三銀 ▲3八玉 △5四銀
*もう作戦は、おわかりでしょう
▲2八玉 △4二玉 ▲7八金 △3二玉 ▲3八銀 △6二飛
*右四間飛車が私の作戦でした
*相手はどうやってくるだろう?
*▲7八金が、変わった形だなあ
▲6九飛 △5二金右 ▲1六歩 △1四歩 ▲6八銀
*ここ、△6五歩と仕掛ける手もあったかもしれない
△3三角
*自重(じちょう)した △6五歩で攻めて行ったほうが良かったかもね
▲6七銀 △2二銀
*銀冠を目指す 相手は指す手に困りそうなかんじ
▲4六歩 △2四歩 ▲5六銀 △2三銀 ▲7七角 △2二玉
▲3六歩 △3二金
*これで囲いが完成したぞ
▲3七桂
*将来▲4五桂とやってきそう、いやな桂馬だ
△9四歩 ▲9六歩 △1二香
*穴熊へ! 私の穴熊って、めっちゃ、めずらしい
▲6八金
*相手も固めてきた
△1一玉 ▲5八金寄 △4二金右 ▲2六歩
*ここで、もう指す手がわからなくなった
*どうしよう?
△9三桂
*跳ねちゃった! 次の△8五桂が見え見えだ あー
▲2七銀
*あららら そんな手を! 仕掛ける大チャンス到来だ
*▲8六歩なら困っていたところだ
△8五桂
*ぴょーん
▲8八角 △6五歩
*いけいけどんどん
▲8六歩
*この桂が死ぬのは予定どおり
*ここのあたりのお互いの指し手は、右四間ではよく出てくる
△6六歩 ▲8五歩 △6五銀
*銀を活用しよう
▲3八金
*固めたか 次の手、△7六銀も考えたが・・・
△5六銀
*まあ普通は取るでしょう
▲同 歩
*ここで、次の手、△6七歩成では、先手に一気にさばかれる ・・・と思ったが、激指定跡道場2によれば、
*△6七歩成、そして△6七銀も有力とのこと
*私はこっちがだいぶ有利と思っていたのだけど、激指hの形勢判断は-200ほどで、まだまだいい勝負とのことだ
△7八銀
*これも激指お勧めの手
▲4九飛
*やや疑問か 普通は2九まで逃げるところ
△8七銀成
*狙いの一手 角を取りに行く
▲5一銀
*きたかあ さすがに飛車はあげられない
*こっちが優勢と思っていたのでね
△6一飛 ▲4二銀成 △同 金 ▲4五桂
*無理攻めだろう・・・ と実戦中は思った
*しかし、もう終盤と言ってもいいので、この桂馬が歩で殺されるようなことはないね
△2二角 ▲9七角
*苦心の手だろう こっちが優勢だろう
*激指の形勢判断でも、-900ほどで後手優勢と出た
△同成銀 ▲同 香 △6七歩成 ▲4八金左
*当然の手だが、粘りのある手
*指す手がわからなくなっちゃった と金を作るところまでしか考えてなかったから(^^;
△5七銀
*からんでおいた この局面では普通の手、との激指の判断
▲2五歩
*んん? なんだこれ? やけっぱちか
*先手は歩切れだぞ
△同 歩
*先手の玉頭に傷ができた、しめしめ、と思っていた
▲2四銀
*げえええ なにこれええ と、取れない!!
*完全に思考がパニックになった
*もう形勢が難しくなってるようだ 
*このあたり、激指もアテにならない なんか、検討モードの形勢判断が変 激指にもわかんないみたい(笑)
△3二角
*これでは・・・ 問題を先送りしただけ
▲2三銀成 △同 角 ▲2四銀
*当然こうなる
△4八銀成
*突っ込んだ! 相手はどうする???
▲同 飛
*あー取ったか ▲2三銀成も有力だったね
△3二銀
*この手の代わりに金寄りで受けると、▲2三銀成△同金▲3二銀とからまれるのがいやだったのだ
*
*よしよし、これで受かったと思っていた
*
*だが、この手が事実上の敗着とのこと
*激指のお勧めは△1三金と打つ!! な、なるほどなあ
▲5三桂成
*なんじゃこれ?
△同 金
*取った 意味がわかんなかったし、桂馬がほしかったからね しかし、粘りを欠いた悪手だった
*受けるなら△3三金、攻めるなら△5七とで寄せ合いにいっていたら、全くの互角との激指の形勢判断 ああーー
▲2三銀成 △同 銀 ▲2四歩
*えええ 歩持ってるの?? なんで??
*ああー さっきのは、歩の補充だったのか!!
△3二銀打
*泣く泣く銀を打つ がくっ
▲2三歩成 △同 銀 ▲2四銀
*もう角の頭狙うのやめてー
△3一桂 ▲2三銀成 △同 桂 ▲3二銀
*激指は+900ほどで先手有利との判断
*私は心が折れていた・・・
△5七と
*△3三金とか、まだ粘る手もあっただろうが、この手を選んでしまった・・・
▲2三銀成 △4八と ▲2四桂
*あー必至がかかった ▲1二成銀で詰ましにきてくれるのかと期待したが、だめだった
△3八と ▲同 銀
*これは・・・ もう逆転はない・・・ 先手玉、詰まないね・・・
△2七銀 ▲同 銀 △3七金 ▲同 玉 △3九飛 ▲3八金
△6七飛成 ▲4七銀
*ここで私は投了! 右四間が成功して優勢だったのに、角頭攻めがまったく見えてなくて、逆転負け 吊るし桂の一発で詰み筋の順なんて、実戦で初めて指したよ ああーだめだこりゃ
*ショックが大きかった一戦だった
*先手の人、レートのわりに強かった・・・
*ちなみに消費時間の総計は、相手11分、私12分だった