開始日時:2012/04/29
先手:杉本昌隆七段
後手:佐々木勇気四段

▲7六歩
*先手は、杉本昌隆七段
*谷川「時間が押しているので、初手から一手20秒でお願いします 杉本さんは、内心まいったなーと思ってるでしょう(笑)」
*勝又「佐々木君だけ10秒にしましょうか」
*谷川「ふふふ」
△3四歩
*谷川「佐々木勇気君の名前は、前から知ってました」
*石田「私は幼稚園の頃から知ってる、史上最年少の小学生名人(当時)」
*勝又「佐々木君は矢倉が大好きの居飛車党で、攻め将棋です 小学校1年で、アマ四段!だったそうです」
▲7五歩
*さっき垂れ幕を持っていていたお客、また垂れ幕持って来ていて、こんどは「必勝 杉本先生 石田一門を倒せ!」と書いてあって、みんな笑ってた
△6二銀
*(以下、しばらく駒組み)
▲6六歩 △4二玉 ▲7八飛 △8四歩 ▲4八玉 △3二玉
▲3八銀 △6四歩 ▲3九玉 △6三銀 ▲5八金左 △1四歩
▲1六歩 △4二銀
*勝又「この△4二銀の形は、佐々木君は公式戦でも指してます」
▲6八銀 △5四歩 ▲6七銀
*勝又「杉本さんは、こういう古い形を大得意としているんです」
△5二金右 ▲2八玉 △5三銀 ▲9六歩 △9四歩 ▲4六歩
*谷川「ここの歩を突くかどうかは微妙 ▲7六飛~▲3六飛の狙いがなくなるので」
△8五歩 ▲7六飛 △7二飛 ▲9七角 △9二飛
*谷川「▲8八角だと、△7二飛で千日手ですね」
▲7七桂
*勝又「千日手をやると、石田先生にあとで怒られるから打開したのかな(笑)」
△9五歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8八角 △9八歩 ▲9六歩
△同 飛 ▲同 飛 △同 香 ▲8五桂 △8九飛 ▲7七角
△8七飛成
*勝又「一手20秒なのに、佐々木君は秒を読まれませんねえ やっぱり10秒でよかったかな」
▲8二飛
*勝又「角を逃げていると、△8五竜で先手にいいところがなくなるから、勝負にいきましたね」
△7七龍 ▲8一飛成 △6二銀
*勝又「この銀引き、私は教えてもらったことがある手」
▲5六銀
*谷川「玉頭銀の狙いでしょうね」
△9九歩成 ▲4五銀 △7五龍 ▲3四銀 △5一銀 ▲7二歩
△1五歩
*谷川「受けにまわるのかと思っていたら、もう攻めていきましたね」
▲7一歩成 △1六歩 ▲6一と △1七歩成
*勝又「攻め合いですね」
▲同 桂 △1六歩 ▲2五桂
*勝又「先手が全駒される心配はなくなりましたね」
△1七歩成 ▲3九玉 △3五龍 ▲5一と △同金引 ▲5三桂
△3四龍 ▲4一桂成 △同 金 ▲5三金 △5一香
*谷川「6三の銀は、後手はもう要らないということですね」
▲8二龍 △5二銀
*勝又「んー先手つらい」
▲6三銀 △2五龍 ▲5二銀不成
*谷川「攻めがつながる形にはなりましたね」
△同 香 ▲同 金 △3一金 ▲2六香 △3四龍
*谷川「先手のチャンスですね」
▲4二銀
*谷川と勝又「いやいやいや、これはどうなってるんですか」
△6六角 ▲3一銀成 △2二玉 ▲5三金 △1三玉 ▲1七香
*谷川と勝又「まだまだわかりませんね 攻守逆転?」
△1六歩 ▲同 香 △1五歩 ▲同 香 △1四歩 ▲2一成銀
*谷川と勝又「これは△1七角なら▲2八桂を用意した手ですね」
△5六桂 ▲2五桂 △2四玉 ▲3三桂成
*谷川「これを△同玉なら、▲4二竜~▲4五金以下即詰みですね」
△1五玉 ▲1六歩
*まで、105手で先手杉本の勝ち
*勝又「投了図以下は、△同玉▲1七歩△同玉▲2八金△1六玉▲1七歩△1五玉としておいて、▲3四成桂で竜をとっておけば先手玉に詰みはないので先手の勝ちです
*杉本「室田さんの秒読みが、僕の手番のときはゆっくりだったんで助かりました(笑)」
*谷川「佐々木君は、完封勝ちも狙えたけど、面白くしようと思ったかな」
*佐々木「受けたり攻めたり、ちぐはぐでした 受けにてっするべきでした」
*杉本「千日手の打開は無理がありましたね 角損になってしまった(^^;」