里見香奈奨励会初段昇段記念対局
渡辺 明銀河 vs 里見香奈奨励会初段
対局日: 2012年4月19日
解説:鈴木大介八段
聞き手:井道千尋女流初段
記録:飯野 愛研修会員

先週の土曜、こんな将棋が放送されていたではないですか 注目の対局ではないですか
この将棋、棋譜を見る価値ありです 棋譜だけとりあえず載せます
解説の鈴木大介のコメントがついていたほうがいいのはわかってる、
でもメモるのがめんどうくさい
(約2時間後)・・・でも、がんばってコメント、メモりました

ルール・持ち時間は里見45分、渡辺15分 切れたら30秒 1分単位の考慮時間はなし

事前のコメント
里見初段「奨励会では、いい環境で勉強できている 大変なこともあるが、充実していて楽しいです
 今日は、渡辺銀河と対局できることがすごくうれしいので、盤上に集中したい」

渡辺銀河「楽しみな対局ではありますが、貫禄を示さないといけないと思います がんばります」

開始日時:2012.4.19
先手:里見奨励会初段
後手:渡辺銀河

▲7六歩
*持ち時間は、里見45分 渡辺15分
*切れたら1手30秒
*以下、コメントは解説の鈴木大介八段のもの
*(カッコの中は、私の補足です)
△8四歩 ▲5六歩 △8五歩 ▲7七角 △5四歩 ▲5八飛
△6二銀 ▲4八玉 △4二玉 ▲6八銀 △3四歩
*ここまでは定跡どおりです
*今は角道を止めない振り飛車が流行してますね
▲1六歩
*(里見、勢いのある手つきで、バシッと)
*あ、これは渡辺対策じゃないですかね
*将来の端攻めの狙いですね
△1四歩
*受けましたね 穴熊にはしないということですかね
▲6六歩
*これは珍しい、止めましたね
△3二玉 ▲3八銀
*プロ棋士の中で、一生、渡辺と指す機会がない棋士が半分くらいいるんじゃないですか
*だから里見にとって、今日の対局は大事です
△3三角
*渡辺はわざと穴熊に囲って、里見の研究をはずそうとしてるんじゃないか
▲3九玉 △2二玉
*(ここで長考した里見)
*ここで考える、ということは、序盤が強くなっている証拠 細かい違いがわかっているということですからね
▲6七銀 △5三銀
*△5三銀ですか これなら▲6五歩が有力です
*△7七角成~△8六歩~△8六同飛には▲7五角があります
▲3六歩 △1二香
*里見さんは、今、勉強しすぎるくらいしている、
*あとは体調の管理が大切
▲8八飛 △5二金右 ▲3七桂
*△4四歩を突かせようと言う手
*後で△6六角がなくなりますのでね
△4二角
*読みの入った高度な手です ▲4五桂を警戒しながら、穴熊に組むための手です
*(詳しいことは省略(^^;)
▲8六歩 △同 歩 ▲同 角
*普通は、飛車と飛車の間に駒があるほうが損なんですけどね
△8五歩
*渡辺はゆっくり指そうということですね
▲6八角 △4四銀 ▲2六歩 △1一玉 ▲7五歩
*これは、△同角だと、▲1五歩からの端攻めがありそうですね
△2二銀
*渡辺はじっくりした将棋にしようとしてますね
▲7六銀
*玉が薄いので、先手が勝ちづらいけど、研究すれば先手がいいかもしれない、という局面ですね
△5五歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲5八金左
*次の手、△6六銀としたいが、駒が玉と逆に行っている感があるのでどうか
△6六銀
*ここで、先手に何かいい手がありますかね?
*あれば△6六銀と指さないですよね
▲4六角 △5六歩
*ここで次の手、▲1五歩、▲6八飛、▲2九玉が有力です
▲1五歩
*これはいい手、里見さん、最低限、勝負にはなりますよ
△同 歩 ▲6八飛
*これは里見さん大健闘、形勢は振り飛車がいいんじゃないですかね
△5七銀不成
*ここは▲1三歩を利かせたい
▲同 金
*▲1三歩と打ちたかったです
△同歩成 ▲同 角 △5六歩
*もう▲1三歩は入らない 利かしそこないましたね
▲6六角
*これは△2四角を誘ってますね
△2四角
*あ、これはいい手に見えない(^^;
*△3三角が良かったと思います
*渡辺さんとしては、角をぶつけずに慎重にいこうという趣旨でしょうけどね
▲5八飛
*これは振り飛車側、うれしい 
*軽くなりましたね 後手はどうしましょう
*△2四角が疑問で、景色がいっぺんに変わった感じです
△5七歩成 ▲同 飛
*これはそうとうチャンスがありますよ
*楽しみです 形勢は里見良し!
△同角成 ▲同 角
*あとは、端攻めだけで勝てそうですけどね
△5六飛
*これは、普通の手ではイカンということですね
*ここは里見さん、正念場です
*▲6六銀が手堅く、いい手と思います
▲6六銀
*(ビシッと駒音高く打ちつけた)
*これは渡辺銀河、しびれたでしょう! 次の▲6七銀が絶品です
△3五歩
*んー さすがの勝負手です
*▲7一角は誘いのスキで、以下△3六歩▲8二角成り△3七歩成の順は、後手が勝ちますね
*
*ここでは、▲1三歩がド急所ですよ
*打つと、後手はどれで取るか迷う
*何で取るか迷うところ、そこが打つタイミングなんです
▲1三歩
*解説どおり! 私はもう出る幕がないですね
△同 香 ▲2五桂
*あとはメンタル、気持ちで負けないことですね
△4二金寄
*これは辛抱! イヤな手ですね~ △5二飛右と回ってくるんでしょう 形勢は里見さんがいいので、メンタルの勝負です
*先手は手が広いところです
▲1四歩 △同 香 ▲4五角 △5七飛成 ▲同 銀 △1二金
*これは後手、ツライ! ▲3四飛が厳しいですね
*(ここで里見は45分を使いきり、以後、両者30秒将棋)
▲3四飛
*里見さん、お見事です この半年くらいで強くなってますね ミスが少ないです 後手はもう粘れないでしょう
△4四歩
*慌てず騒がず、取るべきです
▲同 飛 △5二飛
*これはたぶん、形つくりでしょう
▲5四歩
*あ、▲5六歩の方が良かったです
*自分の飛車と角が狭くなった
△5五角
*これはちょっと、あせりますね~
▲1四飛 △1九角成
*まだ大幅に里見さん有利です 
*▲1二飛成~▲1四香でしょうか
▲1三歩
*これでもいいですね
△同 桂 ▲同桂成 △同 銀 ▲同飛成
*これは渡辺銀河、もう粘れないんじゃないかなあ
*先手側に確実な攻めの手段が多すぎる
△同 金
*男子プロ160人の中で、渡辺に勝ったことがある棋士は一握りですからね
▲1四歩
*とは言え、渡辺さんですから、何かありますかね?
*普通は、何事も起こらないですよ これいい手ですよ
△8八飛
*ん? なんか、すごい勝負手? 詰めろですが、受けに持ち駒を使うのはもったいないけど、使わないのは怖いなあ
▲6八桂 △1二金
*▲7七銀で飛車を詰ませちゃうか? しかしそれは△5五角があるか これはさすがですね、渡辺銀河!
*私が後手なら、もう負けてました
▲1三香 △3二金上 ▲1二香成 △同 玉
*いや~、渡辺銀河、うまい この将棋を勝負形に持っていくんですね!
▲1三金
*▲2四銀かと思いましたが、▲1三金ですか
*んー、でも、あまり見ない攻め筋なんで、どうかな・・・
△2一玉 ▲2三金 △2二歩
*あー、これは▲1二金△3一玉に、▲7七銀として飛車を取りに行く手がありますね
▲3二金
*これはちょっとまずいかな~ 渡辺が底力を発揮してますね
△同 玉 ▲5三銀
*もう逆転してそうですが、ギリギリです
△同 金 ▲同歩成 △同 飛
*ここで▲5四金か
▲5四歩 △4三飛
*これは逃げのテクニックを使われてどうか
▲3四角 △4四飛 ▲4五金
*あ、これは里見さん、いい手に見える
△3四飛
*あ! 渡辺さん、見切りましたね
▲同 金
*しかし、里見さんはよく戦ってます
△1七角
*なんという渡辺の落ち着きぶりでしょうか
▲4八玉 △5六桂
*渡辺さん、手が早いですね もう読み切ってますね
▲5八玉 △6八桂成
*んー、里見さん、おしい やはり、勝つことは大変なことだということですね
▲同 銀 △6六桂
*ここで里見さん投了
*120手で、後手の渡辺銀河の勝ち
*鈴木大介「投了図以下は、1九の馬がよく利いていて即詰みです 里見さんの練ってきた作戦がうまくいって、かなりうまく指していたが、渡辺の寄せの力に屈した
*いい内容の一局だった」
*(感想戦では、△8八飛のとき、持ち駒を温存して▲4八金なら里見がはっきり良かった、とのことだった)

終局後のコメント
渡辺銀河「里見さんは、今日は序盤から積極的に動いて、これといった悪手がなかった
 △8八飛に対する▲6八桂が結果的に良くなかったが、あれは普通の手なのでね
 (四段を狙うのは)今しかできないことなので、がんばってほしい」

里見初段「渡辺銀河と対局させてもらう場を与えられたことに感謝している
 今日は、踏み込めたので、自分なりに良かったと思う 
 今日の将棋をはげみに、もっとがんばっていきたい」