第20期 銀河戦
本戦Gブロック 9回戦
鈴木大介八段 vs 豊島将之六段
対局日: 2012年3月23日
解説:橋本崇載八段
聞き手:山田久美女流三段
記録:野田澤彩乃女流1級

遅くなってしまったが、先週の木曜に放送された銀河戦

平成23年度の成績は、豊島は43勝14敗 大介14勝14敗
豊島は、佐々木勇気、森下、野月に勝ち3連勝中 大介は予選で武者野に勝ち

解説のハッシー「豊島はいつでも勝ってる、若手のホープの代表格、読みが深く、粘り強い
 死角がない 将棋が洗練されている いかにも優等生で頭が良さそうに見える
 
 大介は早指しが大得意、天才肌の棋士 サウスポーで振り飛車党だと、
 見かけよりさばけているように見える(笑)
 大介が若手バリバリの頃、奨励会員だった僕はけいこをつけてもらったが、全く勝てなかった」

先手豊島で、超速▲3七銀vsゴキゲンだ 
ハッシー「研究で終わるのは味気ないので、ねじり合いが見たい」

豊島の右銀が棒銀模様、後手の角頭を狙っているように見えた
ハッシー「こんな角頭攻めを気にしていたら、振り飛車党はやってられない、ということでしょう
 こういうさばきが一瞬で見えないと、振り飛車党じゃない」

豊島はもちろん角頭攻めはしないで、▲5六歩、と打った 一見、守ったかに見えたのだが、
この歩を足場にして、左銀を▲5五銀と出ていき、銀2枚のスクラムで、攻めていった
こういう足場作りの▲5六歩ってのは、知らないと指せないなあ
ハッシー「この攻めはすごい迫力、大介は、腕の見せ所」 

大介、腕の見せ所ということだったのだが、なんら、さばきの形を作ることができず、
豊島の攻めがそのまま決まり、豊島が桂の丸得になってしまった あれれ?
ハッシー「大介はもっと手順を尽くさないといけなかった 桂損で、竜も作られてる
 まいったね こりゃ 困りました 困り果てました 豊島、大優勢」

しかし、大介のほうも、馬を作っているし、損したのは玉と反対側の桂馬だから、
まだまだ先が長いのでは? ハッシー、形勢は豊島が大優勢と言っているが、こんなことも発言した
ハッシー「大介の名言で、『局面は悪いけど、勝ちやすい将棋と思った』というのがある(笑)」

桂の丸得で、豊島がどう見てもいいはずなんだけど、後手の玉、見た目より安定している
私見では、どこが後手陣の急所なのか、わからないなー 
したらば! それはなんと豊島も同じだったようだ 
なんとなく、の手を指すうちに、形勢の差が詰まっていく
ハッシー「この交換は大介がだいぶ得している」ということが続く

そして豊島、秒に終われ、強引に竜を切って攻めていったら、これがなんと無理攻め!
完全に見切られ、受けきられてしまった 大介の最後の寄せは鋭く、114手で大介の逆転勝ち
ハッシー「この将棋を勝つなんて、強すぎるなあ(^^; 大介は相手の心理を突く指し方がうますぎる
 大優勢だった豊島、一見、普通に見える手を指していたが、おかしくしてしまった」

感想戦で、途中の形勢について、大介は「気が早い人なら投げてる」「研究会なら投げてる」と発言
そこからの振り飛車党ならではの逆転劇で、「左側の折衝で失敗しても、まだまだ勝負所がある」
という、典型的な一局だった 大介、さすがにB1棋士だねえ 若手に将棋の怖さを教えてやったね

豊島は、3人抜きをしたが、このブロックは佐々木勇気が5人抜きをしているので、
決勝トーナメントには出れなくなった まあ、豊島は他棋戦で勝っているので、別にいいだろう(^^;

土曜にあった銀河戦、▲中田宏樹vs△畠山成幸、デビルvsナルゴンの対局は、スルーしました
横歩取り△8五飛で、先手の中田が87手で勝ちでした