第20期 銀河戦
本戦Hブロック 10回戦
藤井 猛九段 vs 中田宏樹八段
対局日: 2012年5月1日
解説:三浦弘行八段
聞き手:上田初美女王
記録:井道千尋女流初段

土曜に放送された銀河戦 藤井の登場だ
平成23年度の成績は、中田11勝17敗 藤井15勝20敗 2人の対戦成績は藤井の4-3

解説の三浦「中田は居飛車の正統派 性格そのままで、まっすぐな将棋
 藤井は私の兄弟子で、おもしろい人 対局前、厳しい表情をしていたので、話しかけづらかった
 今回は後手なので、角交換振り飛車にするんじゃないか」

先手中田で居飛車 藤井はなんと角道を止め、ノーマル四間飛車!
▲4六銀右急戦vs△3二金型四間飛車、という図式になった

聞き手の上田「私はノーマル四間飛車を子供の頃ずいぶん勉強したので、
 藤井さんが四間に振ったとたん、涙が出そうになりました」
三浦「それは大げさとして」
ここは笑えた
上田「私はこの居飛車vs四間飛車を、数百局、ヘタをしたら何千と指しました」
へえー ものすごい数を指したんだね

序盤、三浦の解説、すごくわかりやすいー さすがA級棋士、知識がすごいわ

さて、序盤までは良かったのだが、中盤以降、私がすごく眠くなってしまった
昨日、ひさしぶりに、3時間ほど肉体労働(草刈り)をしたからだ
とても疲れていて、眠くてしかたがない うーん、もうだめだー ・・・ZZZZ・・・

結果、120手で後手藤井の勝ち! すいません、もうこれで終わらせてもらいます

同じ土曜に、コンピュータ選手権の勝又の解説があったのだ そっちに集中します
明日、その記事をUPします