コンピュータ将棋選手権、勝又さんの解説を抜粋して載せます(全4局の予定)

決勝リーグ2回戦 ▲GPSvs△習甦
コメントは勝又六段のものです 私の補足は(カッコ)の中に書いてます

後手:習甦
後手の持駒:桂 歩二 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v角 ・ 全 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 銀 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 銀 ・ ・v龍 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 歩三 
先手:GPS

*(今、50手目で△2九飛車成までの局面、先手の手番)
*次の手は並みの人なら▲3二成銀です
*しかしコンピュータは並みじゃないんです
▲9五角
*とつぜん角! 素人じゃないんだから、何かなと思ったら・・・
△6二金 ▲1一成銀
*成銀はこっちへ使うんですね
△9四歩 ▲8四香
*これが打ちたかったんですね
△7七歩 ▲同 桂 △8三桂 ▲2一成銀
*次に後手が角を取れば、▲7五桂の狙いです
△7五歩
*敵の打ちたいところへ打てです
▲5五桂
*これがまた好手 駒がいっぱい当たっているのは、人間だと大変ですけど、コンピュータにとっては読みやすいのです
*▲6三桂成~▲8三香成~▲7二銀の狙いがあります
△7二銀
*(ここは、後手、手が広いところだった △7四銀でも▲8三香成以下、先手の攻めが続く、と激指定跡道場2の検討モードで出た)
▲7四歩
*今回の選手権の終盤の中で、一番感心したのがこの将棋です
△9五歩 ▲7三歩成 △同 銀
*まだ後手を寄せるのは大変と思っていたんですけどね
▲6三桂打
*ここに桂を打たれてみると、なるほど、後手玉がせまくなりました
△6一玉 ▲8三香成 △同 飛 ▲7一金
*ベタ金です
△5二玉 ▲4四桂 △4一玉
*竜で成銀が取れるので、まだ後手玉は寄らないと思っていたら、次の手がいい手でした
▲7二金
*これがいい手でしたね~
△同 金 ▲4三桂成
*これで、5二と3二、桂成が両方は受からないんです
△2一龍 ▲5二桂成 △3一玉 ▲4二成桂寄△2二玉 ▲3二成桂上
△同 龍 ▲1一角
*カッコイイですね 玉を逃げれば、▲3二桂成△同玉▲2二飛から、7二の金が取れます
△同 玉 ▲3二成桂 △2一銀 ▲3一飛 △2二金 ▲2三歩
△3二金 ▲同飛成
*以下、総手数113手まででGPSの勝ちになりました