決勝リーグ7回戦 ▲GPSvs△ponanza 事実上の優勝決定戦
コメントは勝又さんのものです
(ギズモ注:しかし、この一局は、お互いにバグが出たようで、お互いに悪手があり、
 コンピュータの現状の問題点を露呈した一局になったようです)

後手:ponanza
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v銀 ・v角 ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩v歩|三
| ・v歩v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ 玉 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
先手:GPS

*GPSは1敗、ponanzaは2敗、事実上の優勝決定戦です
△6二銀
*後手のponanzaは、あえて定跡をはずしています
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △3二金
*ponanzaは、プロの棋譜の前例がない形にして、GPSの評価関数(大局観)を狂わせようとしました
▲4四角
*見ていたみんな、驚きの一手!
*飛車が成れる、と言ってもねえ、なぜやっちゃったかというと、後手側が普通じゃない形だったからです
△同 角 ▲2一飛成
*解説の佐藤天彦くんは、「こう来てくれるなら、コンピュータと対戦してもいいな」と言ってました(笑)
△4一角
*ただ、形勢はけっこう難しいですね
*人間だったら、絶対▲4四角はやらないですね
▲7八玉 △2八歩
*ここ、△2三歩~△3一金も有力でした
▲同 龍 △9九角成 ▲8八銀 △9八馬 ▲2一龍 △8五歩
▲1一龍 △8四香
*ここは形勢は難しいです
▲9六桂
*これはなかなか面白い手でした
△8六歩 ▲8四桂 △同 飛 ▲8六歩 △同 飛 ▲8七香
*この手がバグだったらしい GPSは800台のコンピュータをつないでいるが、末端の読みの浅いコンピュータの読みが、なぜか返ってきてしまったみたいです
*ソフトというのは、常にバグとの戦いですからね
△7六飛 ▲7七歩 △5六飛 ▲4六香
*後手の飛車が詰まなければおかしいが、▲8七香がバグだったようです
△8六歩
*8七は歩だったら良かったんですけどね
▲同 香 △同 飛
*この時点で、先手のGPSの人たちは、お通夜みたいな雰囲気でした ああ、やっちゃった、とね
▲8七歩 △8五飛 ▲2三歩 △8二香
*これはいい手でした 次に△8八馬が狙いです
▲7九金
*ここで、次の手、△4五歩なら、何事もなくponanzaの勝ちで終わっていたはずなんです
*△4五歩▲2二歩成△同金▲同竜△4六歩、なら後手勝ちでした
△5六桂 ▲6六歩
*この後、後手に、重大な、機械学習らしい読み落としが出ます
△8七馬
*ここでも、とにかく△4五歩でした
▲同 銀 △同飛成 ▲6七玉 △4八桂成 ▲同 金
*コンピュータ将棋の評価関数(大局観)で、最も大事なのは「玉の位置」、プロの将棋の棋譜をお手本にしているので、プロの将棋の棋譜にない、この▲6七玉vs△居玉という位置、この局面の正確な形勢判断ができなかったんです
△5九銀
*後手のponanzaは、先手玉に寄せあり、と勘違いしてしまいました ここからの指し手は、アマ有段もないくらいです 
*この手はポカです
▲5八金 △5五歩 ▲5九金
*タダで銀を取られてしまいました
*米長会長の、2手目△6二玉がボンクラーズの評価関数を狂わせたように、▲6七玉の形がponanzaの評価関数を狂わせました
△2一歩
*以下、先手玉に寄りつきがなくなりました
▲同 龍 △4五歩 ▲2二歩成 △同 金 ▲同 龍 △4六歩
▲5四桂 △5二金 ▲7二銀 △6一香 ▲2四角 △5三銀打
▲3一金 △2三角
*ここは、後手はもう指す手がなかっただけです
▲同 龍 △1四歩 ▲4一金 △同 玉 ▲3二角 △5一玉
▲2一龍 △3一金 ▲同 龍
*先手GPSの勝ちになりました
*評価関数の弱点が出た、今後の課題になる一局でした

これで第22回コンピュータ選手権の勝又さんのコメントのまとめを終わります