第20期 銀河戦
本戦Bブロック 最終戦
高橋道雄九段 vs 屋敷伸之九段
対局日: 2012年5月17日
解説:青野照市九段
聞き手:久津知子女流初段
記録:伊藤明日香女流初段

先週の土曜に放送された銀河戦

平成23年度の成績は、屋敷18勝13敗 高橋12勝18敗
屋敷は前局でハッシーに勝ち 高橋は予選シード

解説の青野「屋敷は居飛車党で、横歩取りや相掛かりといった、動きの早い将棋を得意としている
 忍者屋敷、お化け屋敷と呼ばれるように、面白い将棋を見せてくれる 
 高橋は50才をすぎても竜王戦1組、順位戦A級 
 重厚な矢倉と、後手番での横歩取りを得意としている」

先手屋敷で、横歩取り△8五飛になった
この一局、桂が主役で、お互いに見たことのないようなところに桂を打っていた

私は横歩取り△8五飛が大の苦手、大局観が全く働かない一局だったので、
何がどうなってるのかわからず、途中でイヤになってしまったorz
途中で見るのをやめてしまった  ピカソの絵が素人には理解できないように、
この△8五飛という戦型も、どうにもこうにも、という場合がある もう仕方ないと思っている
89手で屋敷が勝ってました すいません、以上、終わりorz